cda901d3d354b2a885f7ad3dc95cde52_s

夏の時期になり汗を多くかくようになると
あせもができてしまうことがあります。

特に赤ちゃんはあせもがすぐに出来てしまいます。

あせものかゆみから、
夜眠れずに泣いてしまう
赤ちゃんも多いでしょう。

今回はそんな赤ちゃんにあせもが
出来てしまったときのケア方法を
ご紹介します.


あせもの原因

あせもは汗をかいたことによって
汗管が詰まることで皮膚の内部に汗が
たまり炎症を起こして出来ます。

大量に汗をかいたり、
衣服が密着している個所は特にあせもが
できやすくなります。

赤ちゃんであれば、
おむつの腰回りや、
手足の関節の内側部分、
背中や首回りなど、
通気性の悪い個所にできやすいでしょう。

また赤ちゃんの肌は大人の肌より
敏感で、あせもになりやすいのです。

こまめに汗を拭いてあげたり、
水浴びをさせるなどして、
ケアをしてあげましょう。

赤ちゃんのあせもケア

赤ちゃんのあせもはきっちり
ケアをしてあげることで、
ある程度防ぐことができます。

あせもは放っておくと、
「とびひ」になることもあるので、
しっかりとケアを行ってあげましょう。

赤ちゃんのあせもケア1 ベビーパウダー

ベビーパウダーはあせもに効果的です。
肌の汗や余分な水分を吸収することによって
肌を守ってくれます。

適度に肌を乾燥させてあげることで、
あせもに効果があります。

ただし、
ベビーパウダーは軽度なあせもには
有効ですが、あせもがひどくなった場合は
逆効果になります。

掻いてしまった後や、
あせもが治る過程ではれ上がっている場合などは
必要な水分を乾燥させたり、
掻いた傷口からパウダーが入ってしまうので、
使用しないほうがいいでしょう。

赤ちゃんのあせもケア2 エアコン

赤ちゃんのあせもケアでエアコンは
非常に効果があります。

高温多湿の日本で、
効率的に除湿をしてくれ、
部屋の温度を快適に保つことができます。

部屋の温度を快適に保つことで、
汗の量が抑えられて、あせもの症状が緩和していきます。

ただし、
エアコンの冷気が直接赤ちゃんに当たらないように
しましょう。
あまりに冷気当たりすぎると
身体を冷やしすぎて、
風邪など別の病気を誘発する可能性もあります。

赤ちゃんのあせもケア3 通気性の良い服

通気性のよい素材の服を着せるのも
あせも対策には効果的です。

汗をかかないことが一番ですが、
夏場はどうしても汗をかいてしまいます。

あせもは通気性が悪いとできやすくなるので、
速乾性の服や、通気性のよい服を
着せてあげることで、
あせもになりにくくなります。

また定期的に着替えさせて
あげることも大切です。

赤ちゃんのあせもケア4 シャワー

定期的にシャワーをかけてあげるのも
非常に効果的です。

特に寝て起きたときは、
寝てる間にたくさんの汗をかいているので、
寝起きにシャワーをかけてあげるのも
効果的です。

シャワーを浴びさせるときは、
石鹸やボディソープは
出来るだけ使わないようにしましょう。

石鹸やボディソープは、
身体の油分を取ってしまうので、
使いすぎると肌を必要以上に乾燥させて、
あせもを悪化させる可能性もあります。

石鹸などを使うのは、
1日1回を目安にして使用しましょう。

赤ちゃんのあせもケア5 病院

あまりのかゆみがひどそうだったり、
症状がひどい場合には
病院で診察を受けましょう。

病院に連れていくときは、
小児科よりも皮膚科のほうがいいでしょう。

小児科へ連れて行っても、
結局は皮膚科の受診をすすめられます。

皮膚科で診察を受ければ、
赤ちゃんの肌に合わせた薬を
処方してくれるか、
市販の薬で赤ちゃんに使用できるものを
教えてもらうことができます。

まとめ

如何でしたでしょうか?

赤ちゃんのあせもは、
きっちりとケアしてあげることで、
ある程度防ぐことができます。

またあせもになった後も、
しっかりとケアをしてげれば、
割と早くに症状が緩和していきます。

あせもができてもあせらずに、
きっちりとケアをしてあげましょう。