秋の長雨の時期はいつから?別名とその意味

02ceef5da22ea86b4032c21b45f8405d_s

秋の長雨とは


秋の長雨とは夏が終わるときに
曇りや雨が多くなり、ぐずついた天気が続くときが
あります。

こうした日が続く時期を
秋の長雨と言います。

秋の長雨は昔からある天気です。
この時期は体調も崩しやすくなるので注意しましょう。

秋の長雨の時期

秋の長雨は一般的に8月下旬から10月上旬ごろと言われています。

この時期は夏も終わり、太平洋高気圧が南に移動しています。
そして大陸の高気圧が南下していき、
その境目に前線が発生することで、
雨が多くなり、
ぐずついた天気が続く原因となっています。

これが秋雨前線と呼ばれている前線です。

秋の長雨の時期が1ヶ月ほどあるのは、
この秋雨前線が北から南へ南下していく時期になります。

全国各地によって時期が少しずつ違います。

秋雨前線が過ぎ去っていった地域から順番に
秋が始まっていきます。

秋の長雨の別名と意味

秋の長雨は、
秋雨、秋霖、すすき梅雨などとも言われています。
意味はどれもあきの時期に降る長い雨を
連想してつけられています。

秋の長雨の意味は、
気象庁によると

秋の長雨
分野:
季節現象に関する用語
意味:
9月頃に現れる長雨(曇りの日があってもよい)

となっています。

秋が本格的に始まる前に、
長い雨の時期が必ずやってくるようですね!

秋の長雨の時期にやっておきたいこと

秋の長雨の時期は夏から秋への移り変わりです。
これまで暑い季節を過ごしていたのが、
次は寒い季節へ突入していきます。

この時期にやっておきたいのは衣替えです。

日本では10月1日に衣替えをすることが
多いですよね。

この時期は寒くなっていく時期なので、
日中は暖かくても、
夜になって急に冷え込んだり、
夕方日が落ちたころから冷え込んだりしてきます。

急に寒くなったり、
日中は夏日のような日があったりと、
体調を崩すやすい季節です。

衣替えをしっかりと行って、
いつでも防寒出来るようにしておきましょう。

また寒暖の激しい時期なので、
お布団もしっかりと準備しておきましょう。

寝るときは少し暑くても、
夜中のうちに冷え込んで、
朝には風邪をひくなんてことも
十分に考えられます。

秋の長雨の季節は、
おいしい食べ物もたくさん出てきます。
サンマやフルーツなど栄養たっぷりの食材を
たくさん食べて、しっかりと体調管理をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょか?
秋の長雨は必ずやってくる季節の一部、
まさに秋の入り口になります。

衣替えや冬支度など、
次の季節に備えてしっかりと準備をしましょう。

またこの季節に忘れてはならないのは
台風です。

秋の長雨の時期は、
台風がやってくる時期でもあります。
台風は大きなものになると
大変な災害になることもあります。

強風での怪我や破損など、
被害が広範囲になる場合も考えられます。

台風が近づいている情報が入った場合は、
十分に対策を打ちましょう。

また秋の長雨では、
体調管理が難しい季節でもあります。

寒暖の差が激しく、
体調も崩しやすくなってしまいます。
衣替えや天気予報をこまめにチェックして、
体調管理に気を付けて過ごしていきましょう。