秋雨前線と梅雨前線の違いは?発生時期はいつ頃なのか?

35dbac9096f37d0c83f82bc4276f497a_s

春から夏、
秋から冬と季節が移り替わっていきますが、
春から夏へと季節が変わるとにやってくる梅雨。

雨が多く、
気温も高くジメジメするので、
梅雨時期は嫌な感じがしますね。

そういえば、秋にも秋雨前線と言うのがあります。

梅雨前線に、秋雨前線。
一体何が違うのでしょうか?

今日は秋雨前線と梅雨前線の違いと、
発生時期についてまとめてみました。


秋雨前線と梅雨前線の違い

秋雨前線と梅雨前線はいつ頃発生するのか

秋雨前線と梅雨前線は発生する場所や進路が違います。
秋雨前線は、8月下旬から10月頃
梅雨前線は5月下旬から8月上旬ごろまで期間があります。

こうしてみると梅雨前線の方が時期は長いですね!

また梅雨前線は、
華南や南シナ海付近で発生し、北上してきます。
秋雨前線は東日本付近で発生して南下してきます。

つまり梅雨は沖縄や九州からスタートしてきますが、
秋雨の場合は、関東地方で発生して、全国へと広がっていく傾向があります。

梅雨前線の場合は明確に梅雨入りと言うのがあります。
しかし、秋雨前線には秋雨入りと言うがありません。

これは秋雨前線は梅雨前線に比べて、
はっきりと表れる現象ではないため、
わかりにくいからです。

また秋雨前線は梅雨前線と比べて

雨量が少ない傾向があります。

梅雨前線よりも秋雨前線の方が雨が少ない理由

前線と言うのは気団と気団がぶつかり合うことを
前線と言います。

この気団の性質の違いによって、
前線の雨量が変わってきます。

梅雨前線は湿った気団と湿った気団とがぶつかり合います。

両方とも湿った空気なので、
雲が大量に作られます。
こうして梅雨前線では雨が多く降ることになります。

一方秋雨前線では、
湿った空気と乾燥した空気がぶつかって作られています
片方の気団が乾燥しているため、
梅雨前線ほど雲が発生せず、
比較的雨量が少なくなります。

秋雨前線の発生の時期は、
ちょうど台風の時期と重なります。

台風の湿った空気が、
秋雨前線に入り込むことで、
大量に雨を降らせることもあるので、
注意が必要になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

梅雨前線は5月下旬から8月上旬ごろに発生します。
湿った気団同士がぶつかることで、
雲が多く発生し、雨が多く降るのが特徴で、
梅雨入りと言われるように現象もはっきりとわかります。

秋雨前線は8月下旬から10月上旬ごろに発生します。
湿った空気と乾燥した空気がぶつかり合うため、
梅雨と比較すると雨の量は少なるなります。
またはっきりと秋雨前線としての現象がわかりにくいため、
秋雨入りと言った表現はないようです。
秋雨前線の時期は台風と重なることが多いため、
台風の湿った空気が、
秋雨前線に入り込むと大雨を降らせることがあるので、
注意が必要ですね。

どちらも季節の変わり目におこる雨、
気温や環境が変わりやすいので、
体調にも十分注意したいですね。