train-station-691176_1280

毎日忙しくて時間がない。

自分のことがしたいけど、
家族との時間や仕事で自分の時間がとれない。

そんな悩みを抱えていませんか?

そんなときは朝活をしてみてはいかがでしょうか?

朝の時間は脳も活性化し、
効率も良くなり、
邪魔が入ることも少ないので
作業も集中して行うことができます。

今日はそんな忙しいあなたにおすすめの
朝活の時間と継続のコツをご紹介します。





◆ 朝活とは

widow-1148929_1920

 

朝活とはそのなの通り、
朝の活動になります。

朝の時間を有効活用して、
様々な活動をするのが朝活です。

私たちの脳は、
朝がもっとも効率よく働くようになっています。

脳は寝起き20分ほどで、
ストレスホルモンのコルチゾールの
分泌が最大になります。

このコルチゾールが出ているとき、
私たちはストレスに最も強くなります。

つまり朝はストレスに勝ちやすいので、
継続して行いたいこや、
普段出来ていないことに挑戦するには
咲いてな時間帯です。

◆ 朝活の時間

alarm-clock-1193291_1920

朝活を行う時間帯は何時ごろなのでしょうか?

実際に朝活を行っている人は、
午前5時~6時の間が多いようです。

あなたがいつも起床する
1時間ほど前に早く起きて、
朝活を行うのが一般的と言えます。

また朝5時から6時の時間帯は、
比較的起きている人も少ないため、
ウォーキングやジョギングを行う場合でも、
気持ちよく走れるという意見もあります。




◆ 朝活を継続するコツ

 

朝活には様々なメリットがありますが、
朝早起きするのを継続出来ない場合も
あると思います。

そこで朝活を継続するコツをご紹介します。

●朝の時間の大切さを認識する

watches-1204696_1280

朝の時間はとても貴重な時間です。

人が活動を始めるまでで、
無理なく起きれる時間帯は
ほとんどの人が朝4時~6時までの
2時間程度だと思います。

一日に自分が一人になれる
貴重な時間になります。

しかも
脳内的にも一番集中できる時間です。

朝の時間の大切さをしっかりと認識することで、
朝活を続けやすくなります。

●しっかりとした目標を立てる

button-892144_1920

何のために朝活をするのかの
目標をしっかりと立てることも大切です。

ウォーキングやジョギングであれば、
健康のためではなく、
体重を5㎏落とすためや
勉強のためではなく、
○○の資格試験取得など
具体的な目標があったほうが継続しやすくなります。

具体的な目標を書いた紙を、
どこか目のつきやすいところに張り、
起きたらその目標を見るのも効果的です。

人間は時間が経つと
初心を忘れてしまうものです。

しっかりと目標を認識して、
朝活を継続していきましょう。

●無理せず始める

people-33483_1280

朝活を始めるときに、
まずは無理をしないで始めることが大切です。

いきなりジョギングを始めるのではなく、
まずは朝早く起きる習慣を
つけることをオススメします。

朝起きて少し運動したり、
少しの時間でも読書をしたりして、
自分の身体をならしていくことが大切です。

いきなり無理をして、

自分には無理だ!

となってしまっては、
元も子もありません。
まずは無理なくゆっくりと習慣化していきましょう。

●軽くストレッチ運動などをする

active-84646_1920

朝起きるとやはり多少の眠気が
残っていたりすると思います。

そんなときは軽くストレッチを
することをオススメします。

身体を動かすことで、
目が覚めてきます。

また体も活性化されて、
作業やジョギングなども
効率的に出来るようになります。

また朝日を浴びるのも効果的です。

まとめ

朝活は自分の時間を作るのに
非常に有効な方法です。

また、
脳内も一番ストレスに強い時間なので、
何か新しいことに挑戦するにも
適した活動と言えます。

朝活を継続するのが、
最初は大変かもしれませんが、

  • 大切さを認識する
  • 目標を立てる
  • 無理せず始める

などを実践し、
継続して朝活を行えるようにしましょう。

朝活を有効活用して、
充実した人生を送りましょう。