f0715815f267e8d227209dff014e04c6_s

夏になると気になる症状の一つがあせも

身体にあの赤いブツブツが出来て
かゆくなりつらい症状です。

あせもにはワセリンが良いといわれていますが、
実際にあせもにワセリンは効果があるでしょうか?

今日はあせもにワセリンが効くのか
効かないのかをまとめてみます。

◆ あせもの原因

まずはあせもの原因をみていきましょう。

原因を知ることできっちりとした
対策が出来るようになります。

発汗

あせもというだけあって、
発汗はあせもの原因になります。

ただ汗をかくというよりは、
対象の汗をかくことであせもに
なることが多いようです。

多量に汗をかくと、
汗管(かんかん)が詰まってしまい
汗が上がれずに周りの内部に
たまってしまいます。

こうしてたまった汗が、
炎症を起こしてかゆみや
赤いブツブツの原因になってしまいます。

蒸れる

膝の裏や肘の内側、
衣服が密着している個所など
あせもになりやすい場所でしょう。

こうした場所は通気性が悪くなりやすく、
蒸れてしまうことが多いです。

通気性が悪いと、
本来流れでるはずの汗が流れず、
汗管が詰まってしまいます。

こうして内部に汗がたまり、
あせもの原因になってしまいます。

肌の弱り

肌が弱い人もあせもになりやすいです。

肌の免疫機能が人より弱かったり、
体調を崩して低下しているときは
あせもになりやすくなります。

赤ちゃんなどがあせもになりやすいのも
大人より肌の免疫機能が弱いので、
あせもになりやすいのです。

皮脂が多い

皮脂が多い方もあせもになりやすくなります。

皮脂が多い人は、
皮脂の汚れが汗管に詰まってしまい、
炎症を起こしてあせもになります。

また皮脂があまりにも少なすぎるのも
あせもの原因になります。

皮脂が必要以上に少ないと、
肌の免疫機能が低下してしまい、
あせもになりやすくなります。

◆ ワセリンの効果

あせも対策にワセリンがいいと
聞いたことがある人もいるかもしれません。

実際にワセリンはあせもに効くのでしょうか?

まずはワセリンの使用用途を見てみましょう。

ワセリンとは

ワセリンとは油性の軟膏です。

主に肌の乾燥を防いだり、
肌を保護するために使用することが多いようです。

火傷や乾燥からくる肌荒れなどに効果があります。

ワセリンを塗ると肌に幕を張って、
肌を保護してくれます。
保護することで肌の免疫機能を補助し、
自己治癒力を高めることができます。

あせもにワセリンは効かない!?

あせもにワセリンを塗るとどうなるでしょうか?

あせもの原因は汗管が詰まることで
起こっています。

汗管は大量の汗や、
衣服の密着などで通気性が悪くなると
発生します。

ワセリンは肌に保護膜を作ってしまうので、
通気性が悪くなってしまいます。

あせもに効果的な対策は、
乾燥させたりシャワーなどで
汗を洗い流してあげるのが効果的です。

ワセリンなどで皮膚を覆ってしまうと、
あせもにはよくないいうことになります。

まとめ

如何でしたでしょうか?

ワセリンはお肌を保護したり、
保湿をするには最適です。

ですが、
肌のトラブルはワセリンを塗れば大丈夫!
というわけではなく、
肌トラブルの症状の原因を見極め、
症状にあった対策が必要になります。

ワセリンはあせもには効かないようです。

あせもが出たときは、
シャワーを浴びたり、
乾燥させて汗管のつまりを取り除いて
あげましょう。

またこまめに着替えたり、
タオルなどでこまめに
かいた汗を拭きとり、
肌を清潔に保つことも大切です。