番茶とほうじ茶の違いとは?カフェインが入っているのはどっち?

b97afe79fd005762f14239ba5722879a_s

のどが渇いたときに水を飲みますが、
少し味のあるのものが飲みたい時ってありますよね。

そんなときやちょっとお客様へお茶としてだすときなど
番茶があると重宝します。

普段のみのお茶として重宝されていますよね。
でも、
ほうじ茶も普段のみのお茶としてはよく使われています。

番茶とほうじ茶ってなにが違うの?

今回は意外としらない番茶とほうじ茶の違いについて
ご紹介します。

番茶とほうじ茶の違い

番茶とほうじ茶って何が違うのでしょうか?

ほうじ茶は最近コンビニのペットボトルなどでも
売られていますね。
色は茶色です。

番茶は緑色のお茶です。
その時点で違いがありますね。

「ちょっと待って!家の番茶は茶色なんですけど。」

はい。
実は茶色の番茶もあるのです!

ますます混乱してますね。

まずは番茶とはどんなお茶なのか見ていきましょう。

番茶とは

番茶という名前の由来は諸説あります。

  • 「番」という漢字には「ふだん使う」という意味があるため、
    普段使うお茶として「番茶」となった説
  • 一番茶、二番茶などの間に摘み取ったお茶と言うのを表して
    「番茶」となった説
  • 遅く積むお茶という意味で「晩茶」から転じて「番茶」になった説

と諸説あります。

実は番茶は収穫時期がかなり遅いのです。
秋から初冬にかけて摘み取られます。
また新芽が出て硬くなって茶葉などを積んだもの
番茶になります。

ほうじ茶とは

実はほうじ茶は番茶を強火で煎じて製造しているのです。

もとの茶葉は同じなので同じお茶と思ってしまう方も多いのかもしれません。
ほうじ茶は番茶や煎茶を高温で煎じることによって、
うまみや渋みなどを抑えてすっきりとした味わいになります。

高級なお茶ではありませんが、
油料理などとよく合います。

ほうじ茶も番茶もおなじ茶葉で、
製造する過程が違うのです。

番茶とほうじ茶ではどちらがカフェインが少ないのか

番茶とほうじ茶の違いはわかりましたね。

ですが、普段から飲むお茶として気になるのは栄養分。
お茶にはカフェインやカテキンなどが含まれているため、
大量に飲むと気分が悪くなることもあります。

妊娠中などでカフェインを控えているかたなどは
カフェインの量も気になるところですよね。

番茶とほうじ茶では、
番茶の方がカフェインが少なくなります。

普段のみのお茶として重宝される理由はここにもあります。
また番茶にはカテキンが多く含まれているため、
ピロリ菌対策になるなど、
普段のみのお茶としてうってつけですね!

ただ、
番茶はカフェインが少ないといっても
カフェインが含まれていることは事実。
あまりに大量に飲むのは考え物です。

カフェインを控えている方で、
水分補給として飲む場合であれば、
麦茶などカフェインレスのものをおすすめします。

まとめ

如何でしたでしょうか?
番茶とほうじ茶の違いは、

番茶は収穫が遅いお茶、
そしてその番茶や煎茶を高温で煎じたものが、
ほうじ茶となります。

また番茶とほうじ茶では、
番茶の方がカフェインが少ないのが特徴です。

味の違いなどもあるので、
普段飲むお茶として、
どちらかを家に用意しておくと
重宝します。

一度飲み比べするのも
楽しいかもしれませんね。