コーティング車の洗車の仕方

38324b874b9725eadc73c4b727e76fd5_s

自分の愛車が汚れたままなのはいやですよね。
かといって洗車機に入れるのも傷がつきそう…

やっぱり大切な愛車は自分で手洗いが一番!
だけどガラスコーティングなどのコーティングしている車は
どうやって洗ったらいいのだろう?

今回はコーティング車の洗車の仕方をご紹介します。


コーティング車の洗車のまえに

コーティング車の洗車の前に
シャンプーなどの知識をつけておきましょう。

洗車で使うシャンプーには

中性
弱酸性
弱アルカリ性

の3種類のシャンプーがあります。
どのシャンプーを使用しても大丈夫ですが、
シャンプーによって得意な汚れがあります。

弱酸性シャンプー

弱酸性のシャンプーは酸性雨などの汚れを落としやすい
特徴があります。
普段使用することはすくないシャンプーですが、
ボディやウィンドウにできたイオンデポジットを除去したいときは
酸性のシャンプーを使用すると
汚れが落としやすくなります。

またブレーキダストの鉄粉やガラスのウロコ落としなどで
使用する場面が多い洗剤です。

弱アルカリ性シャンプー

アルカリ性のシャンプーは洗浄力が強いものが多いです。
汚れを落とす力は酸性シャンプーより強くなります。

油汚れや排気ガスの汚れ、
タイヤまわりなどの汚れを落とすのに向いています。
またカビや鳥の糞、虫の死骸などにも効果的です。

中性シャンプー

洗車で最も使用されているのは
この中性シャンプーです。

洗浄力はそれほど高くはありませんが、
塗装やボディに影響が少ないので、
洗車には一番適している洗剤です。
ほとんどの材質へ使用することが出来るので、
安心して洗車をすることが出来ます。

すべての種類の洗剤に共通している注意点は、
洗車後は洗剤の洗い残しがないように
しっかりと流水ですすぐことです。
ここを怠ってしまうと、
洗剤跡が残ったり、
塗装表面を溶かしてしまうことがあります。
すすぎは十分に行いましょう!

コーティング車の洗車の仕方

1 洗車の準備をする

まずは洗車の準備をしましょう。
最初にバケツを用意してシャンプー剤を作ります。
各市販のシャンプーの分量に水を混ぜて作ります。

シャンプーは必ず薄めて使いましょう。
直接かけたりすると塗装を痛める原因にもなります。

使用方法をよく読んで正しく使用しましょう。
またスポンジは凹凸があるもののほうが、
ボディへの負担を軽くすることができます。

2 ボディを濡らす前にやるべきこと

シャンプー剤を作ったら、
車に濡らしたくなってきますが、
ボディを濡らす前にタイヤホイールから洗車していきましょう。
先にボディを濡らしてしまうと、
タイヤホイールを洗っている間に、
ボディが乾いてしまい、イオンデポジットや
ウォータースポットの原因になります。
まずはタイヤとホイールからきれいにしていきましょう。

3 ボディの汚れを落とす

ホイールの洗浄が終わったらボディに水をかけていきましょう。
ここでしっかりと流水をかけておくことで、
小さな砂やホコリでボディを傷つけるのを
防ぐことが出来ます。
洗車で細かい傷がついてしまう場合は、
この流水が足りないことが原因で
スポンジ洗いの際に、砂をこすってしまい、
傷になる場合があります。
しっかりとボディを濡らしましょう。

4 シャンプー洗車

いよいよシャンプー洗車です。
シャンプー洗車はスピーディに行いましょう。
とくに夏などの暑い時期は水分が乾くのが早く、
ウォータースポットの原因になる場合があります。
スポンジ洗いは力を入れずに優しく、
スピーディに行いましょう。

作業時間の目安は、
普通乗用車サイズで5分、
ワンボックスタイプで10分を目安に
作業を終えるようペースを調整しましょう。

5 すすぎ

シャンプーが終了したら、
すかさずすすぎに入りましょう。

このすすぎ作業はかなり重要になります。
ここで洗剤の流し残しがあると、
塗装を痛める原因にもなります。

時間を惜しまず、
しっかりとすすぎを行いましょう。

6 水分の吹き上げ

すすぎが終わったら吹き上げていきます。
フロント部分など乾きやすいところから
しっかりと吹き上げていきます。
またドアの内側も吹き上げてあげると
雨染みを防ぐこともできます。

吹き上げるときはマイクロファイバー素材の
吹き上げクロスを使用することをおすすめします。
また雑巾がけのように吹くのではなく、
クロスに水分をしみこませるように吹き上げる
傷がつくのを防止することが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大切な愛車はいつまでもきれいにしておきたいですね。
シャンプーの種類や
洗い方の手順をしっかりすることで、
コーティングを長持ちさせることが出来ます。

洗車は時間がかかりますが、
しっかりと洗車することで、
いつまでも愛車をきれいに保ちましょう。