電球の口金の調べ方

33585a0f9bfb228aa1cde2e0524b4969_s

家でくつろいでいるときに、
ふとトイレにいく。

夜なのでパチッと電気をつけるが、
電気がつかない・・・

パチッ
パチッ
パチッ

っと繰り返えしてみてもやはりつかない。

電球の球が切れている・・・
じゃあ電球買いに行こう。

そして電球を買いに行ったときにふと思う。

そういえば、
家の電球ってどんな大きさだったかな?
こんな経験ありますよね。

電球は種類によって口金の大きさが違います。

そこで今回は電球の口金の調べ方をご紹介します。

電球の口金の調べ方

まずは電球の口金の調べ方をご紹介します。

日本の家電製品に使われている電球の口金は
主に3種類あります。

  • E26
  • E17
  • E12

このアルファベットと数字は

【E】はねじ型であることを表していて、
その次の数字、例えば、
26であればねじ部分の直径が26mmであることを表しています。

ねじ部分の違いによって、
電球の頭の大きさが変わってきます。

口金と電球の形状は電球の種類で
大体決まってきます。

E26型

一般証明電球

ippanndenkyu
ボール電球

ball
小丸電球

komaru
ビーム電球

beam

E17型

クリプトン電球

kuriputon
ボール電球

ball

E12

小丸電球

komaru12

大体の形状はこんな感じになっているので、
電球の大きさを測るのを忘れた場合でも、
ある程度絞り込むことが出来ます。

また口金の大きさの目安は

E26は親指サイズ
E17は中指サイズ
E12は小指サイズ

くらいが大まかな目安になるので参考にしてみて下さい。

LED電球と普通の電球の口金

最近はLED電球も普及してきました。

LEDは使用する電力を低く抑えることが出来るため、
電気代の節約につながり、
さらには寿命も一般の電球よりも長くなります。

最近は自宅の証明をLEDに変える方も多いのではないでしょうか?

ここで気になるのが今まで普通の電球だったものを
LEDに交換出来るのか?

答えは交換出来ます!

電球型のLEDは従来の電球の口金に合わせて
製造されているので、
自宅の電球が切れたタイミングで、
LED電球に変えてあげれば、
LED化をすることが出来ます。

ただし、
LED電球は普通の電球と多少色味が変わってきます。

最初つけた時に、
違和感を感じることがあるかもしれません。

色味が変わることを頭に入れて
交換することをおすすめします。

電球交換時の注意

電球の交換は外してつけるだけなので、
簡単に行うことが出来ます。

しかし、
電球交換は感電の危険性も秘めています。

電球の受け口になっている金具部分は
通電個所になっています。

濡れた手で触れたり、
スイッチを入れたまま指を突っ込んだりすると
感電の可能性があります。

家庭用の電気で感電した場合、
死亡する可能性は十分にあります。

濡れた手で触らず、
必ずスイッチを切りましょう。

また電球は消した直後は高温になっている場合があります。
いきなりつかむのではなく、
しばらくたって、電球が冷めているのを確認してから
取り外しましょう。

 注意点

  • 濡れた手で交換しない
  • 必ずスイッチを切る
  • 切れた直後は触らない

まとめ

いかがでしたでしょうか?

電球の口金はたくさんの種類がありますが、
家庭で使われている電球は、
おおむね大きさが決まっています。
ほとんどが
E26
E17
天井証明の小さな電球は
E12
となっていることが多いでしょう。
時間があるときに少し見ておくと、
いざ切れた時にさっと交換することが出来ます。

また電球交換のタイミングで、
LEDに交換すると節電になります。

交換の際は思わぬ事故が発生する可能性もあるので、
十分に注意して交換作業を行いましょう。