エアコンのドライと冷房は何が違うのか?

d7540395963288edc3a0c8576932c0b8_s

夏の暑いとに大活躍のエアコン。
湿度と温度を同時に下げてくれて、
部屋の温度を快適にしてくれます。

エアコンのリモコンを見てみるともう一つの機能があります。
それはドライ。

エアコンのドライって冷房と何が違うのでしょうか?
今回はエアコンのドライと冷房の違いをご紹介します。


エアコンのドライと冷房はの違い

エアコンの冷房はどんな機能なのか?

エアコンの冷房はそもそもどんな機能なのでしょうか?
エアコンの冷房は、
室温を下げることを目的とした機能です。

エアコンの冷房は暑い部屋の空気を吸い込み、
室外機で外へ暑い空気を出します。
そしてエアコンで冷やした空気を室内に
出すことで部屋を涼しくしています。

エアコンのドライの役割

エアコンのドライは湿度を下げることを
目的として作られた機能です。

ドライは湿度を下げることをいちばんに考えられた機能です。

空気中の湿度は気温と大きく関係しています。
気温が高いと空気は水分をより多く蓄えることが出来ます。

気温が高いほど、多湿になりやすいのです。
冷えたコップなどに結露がたくさんできるのは、
表面の温度が低いため、
周りの空気が水分を蓄えきれなくなるので、
結露が出てきます。

エアコンのドライはこの原理を使い、
空気をエアコンの中に集めて、
冷やし、水分を取り除いてから、
再度室内に空気を戻しています。

この空気を戻す戻し方でドライは二つのドライがあります。

ドライは2種類ある

エアコンのドライ(除湿機能)には2種類あり、
弱冷房除湿と再熱除湿があります。

弱冷房除湿

弱冷房除湿は水分を取り除くために集めた空気を
冷やし、水分を取り除いたあとの空気を、
そのまま室内に戻します。

一度冷えた空気がそのまま室内に戻ってくるので、
部屋の温度は少し下がり、
弱冷房状態になります。

つまり弱冷房除湿の場合は、
弱く冷房をかけているのと同じ状態になります。

再熱除湿

再熱除湿は水分を取り除いたあとの、
冷たくなった空気を、
室温まで温めなおしてから部屋に戻します。

再熱除湿の場合、
部屋の温度が下がることがありません。

湿度だけを上手に取り除きたい場合は、
再熱除湿を使うと効果的です。

冷房とドライはどちらが得なのか?

実は冷房とドライでは冷房の方が特になることが多くあります。
温度が低くなれば、それだけ自然と湿度も下がるので、
冷房をかけてしまえば、自然と湿度が下がります。

さらに部屋の温度も快適にすることが出来るので、
冷房で十分除湿することが出来ます。

ドライの場合、
特に再熱除湿は冷やした空気を温めなおすので、
電気の消費量が多くなってしまいます。

なので電気代も少し高くなります。

ドライの機能を使用して除湿をするのであれば、
エアコンを29℃設定などにして、
除湿代わりに使用した方が、
電気代も安く、除湿も出来るので一石二鳥です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エアコンの冷房とドライでは

冷房 室温を下げる目的
ドライ 湿度を下げる目的

で使用するよさそうですね!

また再熱除湿であれば、
室温をさらに保ったまま
湿度だけを下げることが出来ます。

ただし、電気代などを考えると、
普通に冷房機能を使った方がお得になる場合が多いです。

小さな子供を寝かしつけるのに、
湿度だけをさげたいや、
就寝前に湿度だけを取り除きたいなどの状況以外では
ドライ機能はあまり活躍しないかもしれませんね。