犬の夏バテ症状は嘔吐で見極めろ!

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s
高温多湿の日本の夏。
普通に生活していても暑さで夏バテになってしまいます。

夏に夏バテになるのは、
何も人間だけではありません。

最近暑いけど、かわいいワンちゃんの元気がない…

もしかしたら、
夏バテになっているのかもしれません。

人間も動物も暑すぎれば、体に無理がきます。
気づかずに方っておくと熱中症などの
症状を引き起こす可能性もあります。

あなたのかわいいワンちゃんを守るためにも
今自分のペットが夏バテかどうかを
見極めれるようになりましょう。

犬が夏バテになる理由

犬にとって夏は人間よりも過酷な環境になります。

私たち人間は夏になれば、

  •  涼しいところへいく
  •  エアコンを入れる
  •  冷たいものを食べる

など様々な対処法を摂ることができます。

ですが、犬はそういった事をすることが出来ません。
しかも前身は毛でおおわれています。

人間よりも相当夏に弱いのです。

犬が夏対策をしようと思ったら、
飼い主であるあなたがしてあげなければいけません。

犬の夏バテのほとんどの原因は、
飼い主の夏バテ対策不足が原因です。

自分が涼しいからとペットの対策をほったらかしにしていると、
気がづいたら熱中症になっている!
なんてことも起こります。

自分と同じようにペットのワンちゃんも暑いということを
認識して、しっかりと対策をしてあげましょう。

次は実際に犬が夏バテになったときの
症状をみてきましょう。

犬が夏バテになった時はどんな症状か

かわいいワンちゃんが夏バテになっているかどうかは、
普段の行動を観察することで、
見つけることが出来ます。

こんな症状が出てきたら、
夏バテを疑いましょう。

  •  食欲がない
  •  呼んでもぐったりしている
  •  散歩のスピードが遅い
  •  散歩に行きたがらない
  •  寝る時間の増加
  •  嘔吐
  •  下痢・軟便

こうした症状がないかを観察してみましょう。

一番大切なポイントは
普段と見比べた時にどの程度の違いがあるかが大切になります。

いつもは呼んだらすぐに走ってきていたのに、
夏ごろから急に元気がなく、
呼んでも来なくなってしまった!
などの症状が出ていたら、
当然体に異変があるでしょう。

また餌をあまり食べなくなったりするのも
夏バテの可能性を疑いましょう。

嘔吐などのはっきりと症状が出る場合は、
一度病院で診察を受けた方がいいかもしれません。

かわいいワンちゃんの症状を見抜くのは、
普段から接しているあなたが一番わかるはずです。

暑くなってきたと感じたら、
普段からじっくり様子を見てあげましょう。

犬の夏バテの対策と予防法

ワンちゃんの夏バテ解消法を紹介します。

症状が出ても出なくても、
気温が高くなってきたら、少しずつ実践してみてください。

犬の夏バテ対策

散歩

散歩を注意してあげるだけでも、
夏バテを予防することができます。

犬は靴を履くわけではないので、
暑いアスファルトを歩くのは大変です。

まずは時間帯を、朝早くから、
夕方付近など日差しが弱い時間帯に変更しましょう。

また出来るだけ日陰が多いルートを通ってあげるのも
大切です。

犬小屋を涼しくなるように工夫する

犬小屋が暑くては、
ワンちゃんもゆっくりできません。

日向に犬小屋がある場合は、日陰に移動してあげたり、
出来るだけ風通しを良くしてあげるのも大切です。

また日陰に入れれない場合は、
遮光カーテンを付けたりするなど、
工夫が必要です。

食事を変える

食欲がなくあまり食べない場合は、
思い切ってドッグフードを変えてみるのもいいかもしれません。

またお水は出来るだけ変えたあげましょう。
夏は水がすぐにぬるくなりますし、
鮮度もすぐに落ちてしまうので、
こまめに変えてあげることが大切です。

また食事もタンパク質を多めにしてあげるなど、
スタミナが付く工夫をしてあげましょう。

ブラッシングの回数を増やす

犬は全身を毛で覆っています。
こまめにブラッシングをしてあげて、
余計な毛をとってあげるだけで、
体温を下げる効果があります。

毛は体に熱をためるためのものです。
少しでも少なくなれば、
熱を放熱しやすくなります。

普段以上にこまめにブラッシングをしてあげましょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?

犬も人間と同じ動物です。
やはり近年の夏の暑さは大変です。

エアコンをつけたりできない分、
あなたが気を付けてあげないといけません。

散歩
食事
ブラッシング

当たり前のことを気を付けてあげるだけで、
夏バテを予防することが出来ます。

普段からもそうですが、
普段以上にペットのワンちゃんの様子を観察し、
違いを見比べて、
夏バテになっていないかをいち早く見つけてあげましょう。