【いただきます】の意味は本来どういった意味なのか?


私たちが生きていくうえで必ず必要なのが、

【食事】

そして
食事を食べる前に行う
【いただきます】

小さい頃、
「いただきます」を忘れて
両親に怒られた経験があるかたも
多いのではないでしょうか?

でも、
この「いただきます」って本来
どういった意味合いのものなのでしょうか?

そこで今回は、
「いただきます」の本来の意味を
ご紹介します。

 『いただきます』の由来

『いただきます』はもとは仏教の
浄土真宗の行儀作法からきていると言われています。

『いただきます』の意味は、
いただく】からきています。

神様にお供えしたものを頂いたり、
くらいの高い人からものを受け取るときに、
頭上に掲げるようなしぐさをしたことから、

頭上に掲げる → 頂に掲げる、頭上に掲げる

から由来して、
【いただく】を使うようになったと言われています。

このいただく行為がやがて、
食事をする際に『いただきます』というようになって、
食事の前のあいさつとして普及したと言われています。

 『いただきます』は誰に対して行っているのか?

そもそも『いただきます』は、
誰に対していっているのでしょうか?

これは、
食事を提供してくれた人たちと
食材に対していっている言葉になります。

食事を提供してくれた人達は、

食材を作ってくれた人
料理を作ってくれた人
料理を運んでくれた人

など、
一つの食事にたくさんの人たちがかかわっています。

こうした人たちに感謝の気持ちを込めて
『いただきます』と挨拶をします。

また食材に対しては、

食材も一つの命です。

その命を『いただく』行為として、
『いただきます』と言っています。

こうした食事に対する感謝を伝えてから、
食事をするというのは、
なんだか素敵なことですね!

こうした習慣が小さいころから
自然にできるように教育されているのは
素晴らしいことだと思いますね。

 世界の『いただきます』

実は日本の『いただきます』は
世界では珍しい習慣の一つです。

世界でも、
『いただきます』に近い言葉はありますが、
厳密に命や作ってくれた方への感謝を表すのではなく、

食事を楽しみましょう

のような意味合いになります。

また世界で多い習慣としては、
神に祈りをささげてから食事をするという
習慣です。

これも、
厳密には日本の『いただきます』とは
意味合いが違ってきますね。

 まとめ

いかがでしたでしょうか?

『いただきます』は、
食事の提供に関わってくれた方、
その食材の命を頂くことへの
感謝の気持ちを込めた、
日本の素晴らしい文化の一つと
言えるかもしれませんね。

最近では、
『いただきます』をいう必要がない
と言った考えを持つ方もいるのかもしれませんが、
食材を育てたり、
料理を作るといったことは
とても大変なことです。

現代では簡単に食事をすることが出来ますが、
その食事はすべて生き物から作られています。

スーパーやコンビニに並んだ、
弁当やお肉からは想像が出来ないかもしれませんが、
そこには命が並んでいます。

こうした命を『いただく』
こうした感謝の気持ちをもって食事をすることで、
忙しい日常の中でも、
思いやりの気持ちが生まれ
心にゆとりが生まれるかもしれませんね。