自宅で出来る筋トレメニュー!女性編

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

食べ過ぎたり飲みすぎたりすると気になってくるのが
お腹回り。

スポーツジムに通ったりジョギングしたりしたいけど、
時間を作るのも大変だし…
自宅で気軽にダイエットしたい!

そう感じる方も多いのではないでしょうか?

今日はそんな女性のための
自宅で出来る筋トレメニューをご紹介します。

筋トレを始める前に知っておくべきこと

筋トレを始める前に、
筋肉の事について知っておきましょう。

筋肉についてしっておかないと、
意味のない筋トレを行ってしまい、
効果が薄れてしまいます。
まずは筋肉の種類を知っておきましょう。

筋肉の種類

速筋

速筋は瞬発力を持っている筋肉です。

陸上の短距離走や重量挙げなどの筋肉になります。
速筋は瞬発力はありますが、
持久力のない筋肉です。

例えば、
50m走を走るように、
10kmを走ることが出来ないように、
大きな力は使える時間が短くなります。

また筋肉も大きくなるため、
見た目もマッチョな感じになります。

遅筋

遅筋は持久力の筋肉になります。

陸上の長距離走や有酸素運動など
長く継続的に使う筋肉です。

こちらは持久力の筋肉なので、
長時間使うことが出来ます。

ダイエットで鍛える筋肉

ダイエットでは遅筋を鍛えることがメインになっています。
その理由は、
遅筋は脂肪を燃料に動いているからです。

遅筋を使うと、
体内の脂肪を燃焼させてくれます。

そうすると、
気になる贅肉などがなくなり、
スレンダーな体系を手に入れることが出来るからです。

自宅で出来る筋トレメニュー

自宅で出来る筋トレメニューにも様々なものがあります。

簡単なものからハードなものまでありますが、
今回は簡単なものをいくつかご紹介します。

自宅で出来る筋トレメニュー
腹筋

自宅で行う簡単腹筋の方法です。

1 鼻からゆっくりと息を吸い込む(5秒間)
2 口からゆっくりと息を吐きだす(5秒間)

これを繰り返します。

注意点は

1の時にお腹を膨らませて、
2の時にお腹をへこまします。

腹式呼吸ですね!

また2の時のお腹を凹ませる時に、
腹筋を意識して凹ませていくのが大切です。
しっかり意識して行うのと意識しないのでは、
効果が全然違います。
しっかりと意識して行いましょう。

自宅で出来る筋トレメニュー
腕立て伏せ

女性が腕立て伏せとなるときついイメージがありますが、
簡単な腕立て伏せがあります。
それは
膝をついて腕立てです。
やり方は簡単で、

1 腕立ての姿勢で膝を地面につける
2 手は肩幅より広めのところにつく
3 肘を90°近くまでゆっくり曲げる
4 肘をゆっくり伸ばして元の位置に戻る

膝をついているので、
速筋よりも遅筋を鍛えていくことが出来ます。
慣れてくると回数がこなせるようになるので、
出来るだけ回数を多くこなすようにしていきます。

簡単な動画をご紹介しておきます。

これ以外にも様々な方法があります。
ほかの自宅で出来る筋トレメニューは
第2編としてご紹介します!

自宅で出来る筋トレメニュー 女性編 第2編