14439708e51985b1dbd9c69c4f87268b_s

 

夏休みの宿題の中でも、
中々手ごわいものと言えば自由研究。

研究テーマを決めて取り組むだけでも大変ですが、
最後のレポート作成も大変です。

中々まとまらなかったり、
実際に書いてみようとしても何を書いたらいいか、
何から書き始めたらいいかがわからなったりしますよね。

そこで今回は自由研究レポート中学編の書き方を紹介します。


自由研究のコツ!中学生レベルのレポートの書き方

自由研究の目的・動機編

レポートの構成を知る

まず、自由研究のレポートを書く前に、
そもそもレポートの書き方を覚えた方が、
簡単にレポートを書くことが出来ます。

このレポートの書き方を構成といいます。

まずは構成を覚えましょう。

レポートの構成は簡単に書くと

  1.  表紙
  2.  自由研究の目的・動機
  3.  自由研究の仮説・準備するもの・手順
  4.  自由研究の結果・考察
  5.  まとめ

このような5段階に当てはめて書いていくと
簡単にレポートを作成することが出来ます。

自由研究レポート作成手順

表紙を書いてみよう

表紙には、

自由研究のタイトル
レポートを書いた日付
クラス・名前

を書きます。

現代であれば、
パソコンを使うことで簡単に作成することが出来ますが、
手書きの場合は下の見本にお手本にして、
書いてみましょう。

hyousimihonn

注意点は、タイトルを大きくしてり、
日付を少し小さくしたりして、メリハリをつける事。
また、線や図を書くときは定規などを使って、
しっかりと書くことが大切です。

自由研究の目的・動機

目的の書き方

次に自由研究の目的と動機をかいていきます。
目的は、この自由研究を通して何をしようとしているか
書いていきます。

例えば缶ジュースを冷たいままにする方法の研究であれば、
缶ジュースをどうすれば冷たいままに出来るかが、
自由研究の目的になります。

動機(どうき)の書き方

動機(どうき)とはどうしてそのような自由研究をしようと思ったかです。
先ほどの例で考えると、
いつも缶ジュースが気が付くとぬるくなってしまうので、
冷たいままにするにはどうすればいいのか?と思ったから。
などが動機になります。

この動機と目的はセットにして書くとまとまりが出るので、
出来れば一緒に書くようにしましょう。

例文

今回の自由研究の目的は、
缶ジュースを冷たいままにする方法です。

なぜ冷たいままにする方法を研究しようと思ったかというと、
夏休み中に友達と山へ遊びに出かけました。

そのとき、山へ言ってジュースを飲もうと思い、
缶ジュースをもっていきましたが、
山につく頃にはぬるくなっていました。

水筒はもっていくときは冷たくないのに、
もっていっても冷たいまま、
でも缶ジュースはもっていくときは冷たいのに、
持っていくとぬるくなっているのを不思議に思いました。

なので、今回この実験をテーマにすることにしました。

このように

  • 目的
  • エピソード
  • 研究決定

と言う風に書いていくとわかりやすいですね!

自由研究の目的・動機は大切なところです。
自分がどんな研究をしようとしているのか
それにはどんな目的があるのかをしっかりと書きましょう。

次は自由研究の仮説・準備するもの・手順です。

しっかりと呼んでレポートを完成させましょう!

自由研究の仮説・準備するもの・手順編へ