c1caff853381b9b3420712a20aa421a1_s

 

最近になって掃除、健康、美容などで注目されている
重曹。

薬局に行けば簡単に手に入るので、
重宝している人も多いのではないでしょうか?
掃除に使うイメージが強いと思いますが、
少量を服用することで、健康の助けになるとも言われています。

「掃除用の洗剤みたいなもの食べるの?」

重曹を食べると聞くとそんな声が聞こえてきそうです。
そこで今回は食用の重曹と掃除用の重曹について
解説していきたいと思います。


重曹の違い

年末の大掃除や洗濯槽の汚れ落としなどで
使用するイメージのある重曹。

少量を食べる事で、健康の助けにもなると
最近注目されています。

「よし!重曹を食べよう!」

ちょっと待って下さい!

重曹には食用の重曹と掃除用の重曹があります。

その違いを知ったうえで摂取しましょう。

重曹は大きく分けて、

  •  食用
  •  薬用
  •  工業用

の3種類があります。

成分は同じものですが、
違いは不純物の量です。

工業用の重曹は、掃除や選択に使われているものですが、
カラダに入れない前提で作られているため、
不純物が少し多めに入っています。

こうした重曹を食用に使ってはいけません。

使う目的によって使い分けることが大切です。

また、種類によってきめの細かさも変わってきます。

不純物が少なく、きめが細かい順に、

薬用 → 食用 → 工業用

となっています。

美容などに使う場合は薬用、
摂取するなら食用
掃除をするなら工業用と使い分けるのがいいでしょう。

食用重曹の使い道

食用の重曹は様々なことに使う事ができます。

  •  虫歯や口臭の予防
  •  ホットケーキなどをふっくらさせる
  •  お肉を柔らかくする
  •  野菜や果物の農薬除去
  •  ペットの臭い取り
  •  入浴剤

 
などなど色々なことに使うことが出来ます。

食用などで使用する場合は摂取する量に注意しましょう。
カラダに良くても摂り過ぎは禁物にです。
1日の摂取量の目安は、5g以下と言われています。
塩分と同じでほどほどにしておきましょう。

掃除用重曹の使い道

掃除用の重曹はその名のとおり
掃除や洗濯に使うことが出来ます。

主な使い方としては

  •  トイレの消臭
  •  ペットの臭い取り
  •  排水口のぬめり取り
  •  靴の消臭
  •  漂白剤
  •  シルバー磨き

など掃除としても様々な場所で活躍します。

重曹を水で溶かして、霧吹きに入れれば
簡単に環境にも体にもやさしい洗剤スプレーを作ることが出来ます。

作り方は簡単です。

材料

霧吹き
水 100ml
重曹 小さじ1杯

作り方

霧吹きに重曹小さじ1を入れます。
そこに水を100ml入れてふたをし、
良く振ってかき混ぜます。

後は汚れが気になるところに使いましょう。
ただし、あまり保存はしない方がいいでしょう。

使うときに少量作り、
1回で使い切るようにしましょう。

また大掃除などで大量に作る場合は、

水2リットルに対して重曹を大さじ6~7杯入れると
大量に作ることが出来ます。

ぬるま湯などで作ると汚れを落としやすくなるので、
汚れ具合や使用用途によって、
作り方を変えてみましょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?

重曹は万能に使えますが、
食用と工業用があります。

健康によくても、
工業用の重曹は摂取しないようにしましょう。

また両方揃えるのが面倒な場合は、
食用の重曹をおいておけば、
どちらにも使うことがきます。

食用の場合も掃除用に使う場合も、
分量が多すぎると体を痛めてしまうこともあります。

分量や摂取量には十分注意しましょう。