bd85608f6c4b105841552e0da5836072_s

夏になると屋台やお祭りで登場するかき氷の暖簾。
暑い中長時間外にいると食べたくなりますね。

かき氷屋さんの暖簾をくぐれば、
どのシロップにするか考えます。

イチゴ
メロン
レモン
ブルーハワイ

代表的なシロップが並んでいます。

実はこのシロップ。

すべて同じ味で作られているのはご存知でしょうか?

「そんなはずはない。
ちゃんと味が違うじゃないか!?」

と聞こえてきそうですが、
実はかき氷のシロップは同じ味で作られています。

一体どういうことでしょう。

今回はかき氷シロップがすべて同じ味なのかを
検証してみます。

かき氷シロップとは

そもそもかき氷シロップは何で作られているのでしょうか?

かき氷シロップの材料は大きく分けると

砂糖
食塩
香料
着色料

から作られています。

代表的なシロップ

イチゴ
メロン
レモン
ブルーハワイ

はすべて同じ原材料で作られています。

唯一の違いは、
着色料香料

かき氷シロップの味は、
見た目と香りによって脳が勝手に作った味なのです!

この事実を知るとかなりショックを
受ける人もいるかもしれませんね。

実際に味覚を検証する機械で測定しても、

シロップによっての味の違いはまったくないそうです。
私たちの感覚はあいまいなもののようですね。

実はこれには、
私たちの味覚のメカニズムが関係しています。

かき氷シロップは同じ味なのに違いが出るのか

私たち人間は食べ物を食べるときに、
同時にそのイメージも味わっています

例えば炭酸飲料などでほとんど果汁が入っていなくても、
レモンの風味やブドウ、オレンジなど
果物の風味を感じることが出来ます。

これは、色やにおいなどから、
脳が錯覚を起こして、
風味を作り出しているからです。

かき氷シロップも、
色やにおいなどによって、
私たちの脳が錯覚を起こして、
味に変化を出しているのです。

まとめ

如何でしたでしょうか?

昔から食べていたかき氷がすべて同じ
味だと思うと信じがたいですね。

人間の味覚は不思議なものです。
イメージを抱くだけで味が変わるのであれば、
おいしいと思えばなんでもおいしく感じるかもしれませんね!