もしも熱中症になったら!子供に出る症状と処置方法。

3771031afa79018fcf49b5974de7b4ef_s

夏は夏休みや連休があるので、
子連れで外で遊ぶ機会が多くなりますね。

しかし、
ずっと外で遊んでいると、
子供の様子がなんだかおかしい…

もしかしたら熱中症になってしまっているかもしれません。

子供は自分の体調の変化をうまく伝えることが出来ません。
遊びに夢中で気が付かない場合もあります。
気が付かないうちに子供が熱中症になってしまっている場合もあります。

今日は子供が熱中症になったときの
症状と処置方法をご紹介します。


熱中症になったときの症状

熱中症になったときの症状を知っておかないと
子供が熱中症にかかっているかがわかりません。
遊んでいるときに、
こんな症状がないかチェックしてみましょう。

  •  大量の汗をかいている
  •  まったく汗が出なくなる
  •  気持ち悪さを訴える
  •  皮膚が乾燥している
  •  顔が青くなっている
  •  反応が鈍い

熱中症にかかると上記のような状態が見られます。

特に運動をしているのに全然汗をかいていなかったり、
呼びかけても返事が鈍い、動きがいつもより鈍いなどは
熱中症にかかっている可能性があります。

すぐに熱中症の処置を行いましょう。

子供が熱中症にかかったときの処置方法

子供が熱中症にかかったら、
まずは

体を冷やす

事が一番最初にやるべきことです。

屋外にいる場合は、
日陰に移動したり、エアコンの効いている室内へ
移動するのが一番でしょう。
日陰や涼しい場所へ移動したら

衣服を脱がしてうちわや扇風機で風を当てる
保冷剤などでわきの下や首筋を冷やす
しっかりと水分と塩分を補給する

これを手早く行いましょう。

ここで重要なポイントは

子供の意識がはっきりしているか

というところです。

意識がはっきりしていない状態の場合、
すぐに病院で診察を受けましょう。

意識がはっきりしているかどうかを確認するには
子供に声をかけることが大切です。

「しんどくない?」

などの単調な問いかけだと、
「うん」などの返事になってしまい、
意識がはっきりしているかどうかがわかりずらいです。

「しんどいところはどこ?」

「いつからしんどかった?」

など答えが必要な問いかけをしてあげましょう。

また水分補給にはスポーツ飲料や水に
塩を混ぜたものなどを補給するようにしましょう。

もしも熱中症になったのが赤ちゃんだったら

赤ちゃんが熱中症になった場合、
赤ちゃんは言葉をうまく話せません。

なので必ず親や周囲の人が、
じっくりと観察して判断する必要があります。

赤ちゃんの熱中症の症状

  •  いつもより機嫌がわるい
  •  いつも以上にミルクを欲しがる
  •  元気がない
  •  顔が赤い

上記のような症状の場合、
熱中症になりかけているかもしれません。
赤ちゃんは言葉が話せないので、
じっくりと観察して判断しましょう。

また症状が下記のようになっていたら、
要注意です。

  •  呼吸が荒い
  •  汗をかいていない
  •  おしっこをしていない
  •  顔が青い
  •  いつもより体温が高い

などの症状が出ている場合は、
症状が重度化する危険があります。
すぐに処置しましょう。

また必要があれば病院で診察を受けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子供の熱中症はわかりにくいものです。
元気に遊んでいても、
家に帰ってから症状が現れることもあります。

遊びに夢中になり過ぎて、
1日水分を摂っていなかったなんてことも
起こりえます。

しっかりと休憩をさせて、
必ず水分補給をさせてあげましょう。

ちょっとした気遣いで、
子供の熱中症を防ぐことが出来ます。

しっかりと見守ってあげましょう。