twins-775506_1920

だんだんと暖かくなってくると、
外へのお出かけが楽しみになってきますね。

天気も良くて、
過ごしやすい気候の日には、
ピクニックに行きたくなったりしませんか?

でも、
子連れでピクニックとなると、
あれもこれもと荷物が多くなってしまいがちです。

そこで今回は、
子連れでピクニックの際の
持ち物についてまとめてみました。

ピクニックの前に参考にしてみて下さい。




 

◆ 子連れでのピクニックの持ち物

小さなお子様の場合

nature-980743_1920

お子様がまだ小さいときの持ち物です。

  • オムツ
  • おしりふき
  • オムツを捨てる袋
  • 着替え

母乳を上げる場合は授乳ケープがあると
便利です。

またお子様用の食器類や、ハンドタオルなども
忘れずに持っていきましょう。

さらに外に居る時間が長くなるので、

  • 虫よけ(携帯タイプの物がオススメ)
  • 帽子(つばのあるものがオススメ)
  • 虫さされようの塗り薬
  • 保冷剤

なども持っていくと便利です。
中でも気温が高くなりそうなときは
保冷剤を持っていくと重宝します。

ベビーカーに乗っているときなど、
背中を冷やしてあげると、
熱中症対策にもなります。

子供は大人よりも地面が近いので、
感じている気温は大人よりも高いです。

なので、
大人よりも熱中症になりやすいのです。
こまめな水分補給と適度な休憩を
忘れずに行いましょう。

また、
日よけように小さなテント
大きめのパラソルを持っていくと、
ちょっと休憩する時などに非常に重宝します。




小学校くらいのお子様の場合

children-655542_1920

小学校に上がっているお子様や、
幼稚園の年長さんくらいのお子様の場合は、
自分で持ち物を準備させるのもいいでしょう。

学校遠足の荷物と同じように
準備をさせれば、
子供たちも喜んで準備をしてくれるでしょう。

またこのくらいのお子様と
ピクニックに出かけるときに、
ゲーム機を持っていくか行かないかですが、
持っていかないことをオススメします。

せっかく自然に触れ合う時間があるのに
ゲームに夢中になるのももったいないですし、
しばらくゲーム機を忘れる時間があるのも
大切だと思います。

また学校遠足のように準備させれば、
すんなりゲーム機を置いていってくれます。

ピクニック先で、
広い場所があるのであれば、
外で遊べる遊具を持っていくと、
楽しく過ごすことが出来ます。

◆ 子連れでのピクニックの注意点

banner-1165975_1920

子連れでピクニックの際は、
お子様の体調にはくれぐれも注意しましょう。

子供は夢中になると、
自分の体調とは関係なく遊びます。

水分補給なども、
喉が渇いているいないにかかわらず、
一定時間ごとに補給することを
オススメします。

また、
熱中症対策用に、
少量の塩を持っていくと、
いざというときに使えます。

また自然の多い場所では、
思わぬトラブルに出会うこともあります。

  • 遊び中に起こった怪我
  • 蜂などの虫さされ

特に虫さされ等は、
少し触った葉っぱの裏に、
虫がいて刺されたなんてこともあるので、
虫さされようのお薬は必ず持っていきましょう。

また、
絆創膏や消毒用のアルコールなども
持っておくと便利です。

まとめ

如何でしたでしょうか?

お子様とのピクニックは楽しいものです。
ですが、
思わぬトラブルで、
嫌な気持ちになってしまっては、
元も子もありません。

お子様の体調や、
行動に合わせて持ち物を準備することが
大切です。

また
突然の怪我や虫さされ、
体調不良などに注意を払い、
それらに対処出来る物を持っていくことを
オススメします。

しっかりと準備をして、
楽しい思い出を増やしたいですね!