マタタビってどんなもの?猫への効果や危険性は?

猫に与えると喜ぶ事で有名な
マタタビ。

飼い猫以外に与えても効果テキメンな、
対猫最終アイテムと言える存在。

ですが、
実際にマタタビを目にすることって
少ないですよね。

そこで今回は、
マタタビとはどんなものなのか、
そして猫に与えるとどんなことが起こるかを
ご紹介します。


 マタタビってどんなもの?

マタタビは、
自然に生息している植物です。

見た目はよくある大きな雑草の
木のような形をしています。

そこにマタタビの実が付きます。

6月~7月ごろに、
白い花を咲かせ、
花が梅の花に似ていることから、
夏梅と呼ばれることもあります。

また、生薬として利用することもあり、
塩漬けやみそ漬け、マタタビ酒などの、
食べ方があるようです。

簡単に考えるとキウイの小さいものになりますね。

日本でも広く生息しており、
山の斜面などに生息していることが多いようです。

ちょっとした山に入ったときに探すと、
すぐに見つかりそうですね。

マタタビが猫に効果的な理由とは?

マタタビが猫をメロメロにしてしまう理由は、
マタタビに含まれている
マタタビラクトンという成分が原因です。

猫はマタタビクラトンによって
一種のエクスタシー状況に陥ってしまうのです。

このマタタビラクトンの効能は凄く、
揮発性があるため、匂いを嗅いだだけで、
猫はエクスタシー状態になります。

なぜエクスタシー状況が起こるかというと、
実は猫の大脳が麻痺しているからなんです!

マタタビを与えられた猫が、
暴れ始めたり、くねくねしたりと
色々な反応が起こるのは大脳が麻痺しているからなのです。

マタタビを与えた猫が
大喜びしているように見えるため、
つい頻繁に与えてしまいたくなるマタタビですが、
猫にとっては、
案外危険な状態でもあるということが言えます。

猫にマタタビは危険!?

人間の場合もそうですが、
快楽を招くアイテムには副作用がつきものですよね。

市販されているお酒に関しても、
過度に飲みすぎると
急性アルコール中毒になり、
最悪命を落とすケースもありますよね。

また、
お酒を常飲しすぎた結果、
アルコール中毒となり、
日常生活に支障をきたすケースもあります。

何事もほどほどが肝心だと言うことです。

猫がマタタビを常用した場合、
危険なケースとして呼吸不全になることもあります。

これは、
猫の中にもアレルギーがあり、
マタタビアレルギーの猫が、
まれにいるからです。

アレルギー反応が出てしまい、
呼吸不全に陥ることがあります。

また、
適量以上にマタタビを摂取した場合も、
呼吸不全になることがあります。

猫の反応が可愛らしいからといって、
過度にマタタビを与えることは、
実は危険なことだったりします。

奨励されている適量を守るということは、
動物向けのアイテムにも必要なことなんですね。

初見の猫にマタタビを与える場合は、
まずは少量を与えて、
マタタビアレルギーの有無を確認した方が
無難と言えます。

猫にとってのマタタビの効果とは?

一歩間違えると猫にとっては危険なマタタビですが、
猫に与えない方が良いのかというと、
そうとは言い切れません。

マタタビは、
元々は、自然に生息しているものですし、
人間が人為的に作り出したものではありません。

マタタビを与えることが、
猫にとって良いストレス解消になる場合もあります。

また、
マタタビを利用した病気の予防方法もあります。

猫は泌尿器の病気が多い特徴があります。

これは猫があまり水を飲まないことが関係しています。

このため、
時折マタタビの粉末を水に混ぜ、
猫が水を飲んでくれるように仕向けることで、
猫の病気予防となります。

マタタビ入りの水に関しては、
ペット用飲料として市販もされているため、
水にどの程度マタタビを混ぜれば良いかの心配な方は、
そちらを利用すると良いでしょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?

人間と動物との意思の疎通は
難しいものがあります。

一見すると動物が喜んでいるように見えても、
人間がそう錯覚しているだけということも珍しくありません。

猫のマタタビもその1つだと言えます。

猫にとって心地よいアイテムであることは確かですが、
必ずしも良い効果ばかりではないことを知り、
愛猫が健康を害さないように気を配ることも、
飼い主の大事な役目だと言えます。

人間のお酒などと同じで、
適量を守って与えてあげることで、
愛猫とより良い関係を築いていけるといいですね。