c90f341724e45f6d848ea155be498e02_s

通勤中や仕事中、またデート中などに
急に襲われる腹痛。

慌ててトイレに駆け込んでトイレをすると
「シャー」っと水のような便が出る。

一般的にこういった状態を

「水下痢」
と呼んでいます。

水下痢になると、
腹痛がないのにずっと便意があったり、

急激な便意に襲われたりして
大変です。

ですが、水下痢だけど腹痛がないのはなぜ?
これはお腹を壊しているの?

今日は、そんな水下痢の原因と
水下痢なのに腹痛がない原因と
対策方法をご紹介します。

◆ 水下痢の原因

そもそも水下痢はどのようにして
起こるのでしょうか?

本来、腸は栄養を吸収するために、
ゆっくりと動いています。

しかし、この腸の動きが過剰になると、
本来消化すべきものが、
早く腸を通過してしまい、
十分に水分吸収できないまま、
便として排泄されます。

このとき、水分を吸収できないまま
排泄されるため、水下痢になります。

では、
なぜ腸の動きが過剰になるのでしょうか?

それは、
早く腸内のものを排泄しようとする
働きです。

水下痢の主な原因としては、

ウイルスや細菌
急性胃腸炎

などが考えられます。

ウイルス性のものはノロウィルスなどが
有名です。
急性胃腸炎は食あたりなどが原因のものが
多いようです。

またストレスなども、
水下痢の原因になります。
ストレスが原因で下痢になるのは
過敏性腸症候群といわれています。

緊張すると腹痛が…

という感じの下痢です。

こういった下痢は痛みや吐き気などを
伴うこともあります。

あまり我慢せずに、
薬を飲んだり、病院で診察を受けたほうが
早く改善できるでしょう。

◆ 水下痢なのに腹痛がないのはなぜ?

水下痢で腹痛がないのは、
いったいどういった状態なのでしょうか?
下痢の原因は腸の過剰な動きが原因です。

これは悪いものが体内に入った時も
過剰に動きますが、

食べ過ぎ
飲みすぎ
冷え

などによっても過剰に動きだします。

つまり、腹痛がない水下痢の場合、

悪性の細菌やウィルスはいないが
腸の動きは過剰

という状態になっています。

例えばコーヒーやお酒を過剰に摂取すると
腹痛がないのに便が緩い状態になったり、
身体を冷やしすぎると、
水下痢になったりします。

また、過度にストレスを受けると、
腹痛のない下痢になったりします。

日常生活において、
腹痛のない水下痢の原因は、
食べ過ぎ飲みすぎの場合が多いでしょう。

生活を振り返って、
コーヒーやお酒を飲みすぎていないか、
見直してみましょう。

◆ 水下痢の対策

下痢になった場合に
気を付けることは、

水分です。

水下痢に限らず、
下痢は多くの水分を身体から排出します。
つまり下痢の際は脱水症状になりやすくなります。

夏場などは特に気をつけましょう。
また、一気に冷たいものを取ると
悪化する可能性があるので、
常温の水やぬるま湯などを
ゆっくりとのみましょう。

また塩分を少しとるのも、
下痢や水下痢に効果的です。
梅干しや、温かいお味噌汁などを
少し食べているのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

下痢や水下痢は、
生活を気を付けていればある程度
防ぐことができます。

腹痛のない水下痢の場合は、
ほとんどが生活習慣によるものになります。

前日の飲みすぎや、
コーヒーを飲みすぎたなど、
腸への刺激が多すぎて、
腸が過剰に運動している可能性が、
ほとんどになります。

生活を一度見直して、
水下痢を起こさないようにしていきましょう。