生ごみの捨て方は?消臭や処理方法

49669b91a3ab962dc1869eb1434d541e_s

生活をしていると必ず発生する生ごみ。
特に夏場など気温の高い時期は、
いやなにおいを発生させます。

くさい生ごみの臭いは、
小バエやゴキブリが発生するもとにもなります。
生ごみも少し工夫して捨てるだけで、
嫌な臭いの発生を防ぐことが出来ます。

今回は生ごみの捨て方をご紹介します。

臭いを出さない生ごみの捨て方

水気をよく切る

生ごみは料理の時に出たゴミが
主なゴミになります。
生ごみは特に多くの水分を含んでいます。

この水分が、
生ごみの腐敗を早め、嫌なにおいを発生させます。
出来るだけ水分を少なくすると効果的です。

例えば、

  •  野菜は皮をむいてから洗う
  •  三角コーナーなどで十分に水気を切る

などの工夫一つで水分を減らすことが出来ます。

生ごみは出来るだけ水を切って、
乾燥させてから捨てましょう。

新聞紙でくるんで処理する

生ごみを捨てるときに
新聞紙にくるんで捨てると
消臭に効果を発揮します。

新聞紙が水分を吸収してくれるので、
臭いを抑えることが出来ます。

また新聞紙に使われているインクの
消臭効果で臭いを抑えることが出来ます。

新聞紙を三角コーナーのネット替わりに
使用している人もいるようです。

生ごみが出た時点で、
新聞紙にくるんで、ビニール袋などに捨てましょう。

重曹・クエン酸を活用する

重曹やクエン酸を活用することで、
生ごみの臭いを抑えることができます。

クエン酸

クエン酸は菌の繁殖を抑えることが出来ます。
クエン酸水を作り、
生ごみにスプレーすれば消臭効果が期待できます。

作り方は

水 200ml
クエン酸 小さじ1

の割合で混ぜるだけ。
後はスプレーするだけです。
クエン酸がない場合は、
お酢で代用することも出来ます。

重曹

重曹も雑菌などの繁殖を抑える効果があります。
また重曹はアルカリ性なので、
酸性の臭い物質を中和することで、
消臭効果が期待できます。

使用方法は簡単です。

ビニール袋に大さじ1杯の重曹を入れるだけです。
こうすることで、
重曹が臭いを防いでくれます。
また余分な水分も吸収してくれます。

その他の生ごみの捨て方

一般的な生ごみの捨て方と
消臭方法や処理方法をご紹介しましたが、
ちょっと一工夫した処理方法もご紹介します。

生ごみを冷凍する

生ごみももとは食品という事で、
冷凍してしまうのもありです。

ビニール袋に入れて(2重がオススメ)
後は冷凍庫に入れてしまうだけです。

別に冷凍スペースを設けた方が、
気持ち的にはやりやすくなります。

冷凍してしまえば、
腐敗が進むこともないので、
臭いが発生することもありません。
ちょっと抵抗がありますが、
効果は抜群です。

生ごみ処理機を使う

最近は家庭用の生ごみ処理機が販売されています。
生ごみ処理機を使えば、
生ごみの臭いを抑えて、
さらに肥料などを作ることもできるので、
エコになりますね!

家庭菜園などを作っているご家庭には
大活躍です。

また生ごみ処理機は結構高額なものが多いです。
自治体によっては助成金を交付してくれる
場合もあります。

一度お住いの自治体を調べてみてはいかかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

生ごみも捨てるときに少し気を付けるだけで、
臭いや害虫の発生を抑えることが出来ます。

毎日出る生ごみ。
しっかりと消臭などを行って
快適な生活を送りましょう。