菜種梅雨ってなんだろう?

菜種梅雨ってご存知ですか?

菜種梅雨(なたねつゆ)と読みます。
実はこの菜種梅雨は梅雨という言葉を使いますが、

3月中旬から四月上旬にかけての
季節を指しています。

菜の花が咲くころに降り続く雨を指して、
菜種梅雨という名前をつけたそうです。

なんとも情緒のある名前ですね。





◆ 菜種梅雨(なたねつゆ)とは

field-of-rapeseeds-474558_1920

 

菜種梅雨(なたねつゆ)は、3月中旬から4月上旬にかけて
菜の花(アブラナ)が咲くころに、
降り続く雨をそう呼んでいます。

「春の長雨」や「催花雨(さいかう)」とも言います。

この時期には多くの菜の花が咲くので、
花にちなんだ長雨の名前になっていったのでしょうね。

 

◆ いつから菜種梅雨?

heian-jingu-shrine-66479_1280

 

はるか昔の平安の時代。

当時絶世の美女と言われていた、小野小町。
彼女も春に降り続く長い雨を見つめ、

「ながめ」という言葉を、
物思いにふける「眺め」と
降り続く長い雨「長雨」をかけて、

春の長雨の間に色あせてしまった桜と、
物思いにふけっている間に色あせてしまった
自分の美貌を重ねた和歌。

花の色は うつりにけりな いたづらに
わが身世にふる ながめせしまに

そんな昔の時代から、
菜種梅雨というのがあったのですね。

春には暖かくなってきて、
晴れの天気が多いイメージですが、
実際には雨が多いのかもしれませんね。

昔から春の雨は嫌われていたようです。

◆ 菜種梅雨はどうして起こるのか?

drip-8763_1920

 

菜種梅雨はどうして起こるのでしょう。
科学的な見解を見ていきましょう。

冬の間、
本州付近には大陸高気圧が留まっています。
季節が冬から春に変わっていくと、
この大陸高気圧の張出しが弱くなってきて、
移動性高気圧が強くなってきます。、

この移動性高気圧は、
北に偏ることが多いと言われています。

それにより、
移動性高気圧の南側にそって、
湿った北東気流が関東近辺に流れ込み、
梅雨のようにすっきりしない天気を生み出しています。

また、
太平洋海岸では、
前線の停滞が起こります。

この前線が停滞しているところに
低気圧が通過し、九州から関東にかけて、
太平洋側に、曇りや雨の天気が続く日が多くなります。

季節の変わり目の、
気圧や前線によって生み出される現象のようですね!




◆ 菜種梅雨は全国?

japan-112722_1920

 

季節的な気圧の原因によって起こる
菜種梅雨ですが、

気圧や前線の関係から、
主に西日本から東日本の太平洋沿岸に
見られるようです。

この菜種梅雨が通り過ぎていくと、
いよいよ本格的な春がやってきます。

晴れない雨はないというように、
長い雨の後のお天気日は、
とても気持ちいいものですよね!

ただこの菜種梅雨は雨が続くため、
気温の上がり下がりが激しいので、
体調も崩しやすくなります。

せっかく雨を乗り越えて、
お花見時期が到来するのに、
自分だけ体調不良なんてのはさみしいものです。

雨の情緒を、
小野小町のように楽しむのもいいですが、
体調には気をつけていきましょう。

まとめ

菜種梅雨は、平安の時代から認識されていたようです。

そんな平安の人たちは、
雨が続く季節を和歌に乗せて
楽しんでいたようですね。

今も昔も雨が続くのは、
嫌われていたようですね。

また気温の変化も激しくなる季節なので、
体調管理には十分気をつけていきたいですね。

最後に小野小町の和歌を、
現代の言葉に乗せて紹介します。

花の色は うつりにけりな いたづらに
わが身世にふる ながめせしまに

桜の花の色がすっかりと色あせてしまったように、
私の容姿もすっかりと色あせてしまった。
花に降る長雨を眺め、むなしく恋心にふけっている間に。