熱帯夜の対策は?子供がいるとエアコンはダメ!?

197246

夏が本格化してきて大変なのは夜。

暑くて眠れない熱帯夜が続いたりしますよね。
熱帯夜で心配になるのはその対策。
大人は我慢出来ても赤ちゃんや子供がいる
ご家庭では何かと心配になりますよね。

そこで今回は
熱帯夜の対策と子供や赤ちゃんのいるご家庭向けの
熱帯夜対策をご紹介します。


赤ちゃんや子供の熱帯夜対策

エアコンが良くないと言われる理由

赤ちゃんや子供のいるご家庭では、
熱帯夜にエアコンをつけないほうが
いいと言われていると思います。

それは人間の体温調整に関係があります。

人は暑くなると汗をかいて体の熱を気化させ、
体温を下げるように調整しています。

赤ちゃんや小さいお子様はその汗の機能が
まだ発達していないので、
エアコンなどで冷やしてしまうと、
その機能の発達に影響すると言われています。

熱帯夜にエアコンをつけてはいけないのか?

ではエアコンはつけない方がいいのでしょうか?

実際には

エアコンはつけた方がいい

赤ちゃんや小さなお子様は、
発汗機能が大人ほど十分ではありません。
そのため体内に熱がこもりやすくなってしまいます。

大人が熱いと感じているのであれば、
子供たちはもっと熱く感じています。
エアコンを使って効率的に冷ましてあげることは大切です。
ですが、
エアコンで体温調節をしてしまうと、
赤ちゃんや子供の発汗機能の発達を妨げてしまう可能性もあります。
どうすればいいのでしょうか?

熱帯夜対策での上手なエアコンの使い方

熱帯夜対策でエアコンを使う場合は、
設定温度と扇風機を使うと効果的です。

エアコンの設定温度

エアコンの設定温度は26℃~28℃くらいに
設定しておきましょう。

実際に部屋の温度が27℃前後になるように
調節しましょう。
またエアコンの風が当たるのは良くないでしょう。
直接風が当たらないようにしましょう。

扇風機を使用する

一緒に扇風機を併用するとより効果的です。

扇風機で室内の空気を循環させることで、
室内の温度を効率よく下げることが出来ます。

暖かい空気は上に
冷たい空気は下に

溜まっていくので、
これらの空気を循環させてあげることで、
効果的に部屋の温度を調節することが出来ます。

その他の熱帯夜対策

保冷剤を使用する

保冷剤も熱帯夜の対策には効果的です。
保冷剤をタオルでくるんで使用しましょう。

首筋を冷やしてあげると、
効率的に体温を下げることが出来ます。
ただし、あまり冷やし過ぎるのは厳禁です。

ずっと冷やしていると、
どんどん体温を奪ってしまいます。

ほどほどにしておきましょう。

通気性の良い素材のものを使う

お布団やパジャマなどは
通気性の良いものを選びましょう。

最近では様々な熱帯夜対策グッズが出ています。

これは!と思ったものは試してみましょう。

パジャマなどは、
速乾性の素材のものを選んであげると、
べたつきが抑えられて、
気持ちよく寝付くことが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エアコンは体に良くないと言われますが、
かたくなに使わないのも、
熱中症の危険が高まります。

使い過ぎないように、
設定温度やタイマーをうまく使い、
エアコンを上手に利用しましょう。

また扇風機を併用することで、
より上手に熱帯夜対策を実施することが出来ます。

また熱帯夜の対策グッズなどを使うのもおすすめです。

上手に対策して、
熱帯夜を乗り切りましょう。