2268d7e988b9c8800b0761c4f1db4b62_s

温泉などに行くと部屋に置いてある浴衣

着物やお祭りなどで着る浴衣は
着る機会もあったり、
着付けができる人に聞いたりして
切れる人も多いかもしれません。

ですが、
温泉での浴衣となると
あまり着方を知らない人も
多いのではないでしょうか?

今回は温泉での浴衣の着方
特に女性の浴衣の着方を
ご紹介します。


◆ 温泉での浴衣のサイズ

温泉にある浴衣のサイズですが、
それほど種類は多くありません。

多くの人が使うものなので、
S M Lくらいしか置いていないでしょう。
また多くの旅館がフリーサイズに
なっていることが多いと思います。

浴衣は自分にあったサイズが
あるわけではないので、
着つけるときに
自分に合わせて着つける必要があります。

◆ 温泉での浴衣の着方

温泉の浴衣は寝間着として
使用するものなので、
原則着方などはありません。

ですが、
浴衣のサイズと自分自身の
身体の大きさに合わせて着つける
必要があります。

 右身頃(みぎみごろ)を合わせる

基本的には
右→左の順に浴衣を着て
帯を締めるだけですが、
折り返しなどを付けることで、
身体に合わせて着ることができます。

最初に右身頃(みぎみごろ)を
左側に当てます。

今時余分な身頃を折り返して調整します。
また衿にシワが出来たり、
折れたりしないようにしっかりと揃えます。

1424916906

左身頃(ひだりみごろ)を合わせる

次に左身頃を重ねていきます。
このときに腰のところで折り返しを作り、
足元の長さを調節します。
この折り返しをおはしょりといいます。

このおはしょりの長さですが、
足元が少し見えるくらいの長さにすると
きれいに見えます。

1424916891

 帯を締める

帯はおはしょりのすぐ上のところで締めます。
おはしょりごと帯で締めることで、
浴衣の着崩れを防いでくれます。

前から後ろ
後ろで交差させて前
と帯をもって来れば、
帯が二重になります。

また結び方には決まった結び方はありません。
蝶結びをされる方がほとんどです。

1424917288

襟元

襟元ですが、
うなじは普段の浴衣ほど
あける必要はありません。

夏祭りなどで着ていく浴衣では、
拳一つ分ほどあけますが、
少し空いている程度で大丈夫です。

ヘアスタイル

ヘアスタイルは少し外に出る場合などは
アップスタイルにしておくと
美しく見せることが出来ます。
前髪も耳にかけたり、
アップしておくことで
上品に見せることが出来ます。

d7745aeb000e59548ee002742d4269ac_s

下着はどうしたらいい?

温泉の浴衣はリラックス用が
主な目的です。

ブラジャーなどはつけなくても大丈夫です。
食事で出たりする場合に
人目が気になるようであれば、
羽織を羽織ったり、
中にキャミソールを着てもOKです。
キャミソールを着る際は、
胸元からキャミソールが見えないように
胸元が深いものにしましょう。

またブラジャーを付けるときは
スポーツブラのようなタイプのものが
いいでしょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?
温泉での浴衣も温泉を楽しむ上では
大切かもしれません。

せっかく着るものなので、
きれいに着れたほうがいいですよね。

温泉の浴衣は
リラックスウエアになります。
着方も大切ですが、
自分自身がリラックスできるように
着ることも大切ですね。

温泉旅行にいった際には
浴衣の着方も楽しんでみて下さい。