大掃除で捨てる!大掃除のコツと便利道具

2f07421547c397a00d5bca9505d9c07e_s

年に1度はやる大掃除。
一日でやり切ってしまう場合もあれば、
何日かに分けてやる人もいるでしょう。

せっかく大掃除をするなら、
今回はものを捨てる大掃除はいかがでしょうか?

家には意外と必要ないものがあふれています。
一気に整理整頓して、
すっきりとした部屋で過ごしましょう!

大掃除で捨てる前に

大掃除で捨てる前に、
捨てるものと捨てないものを整理する必要があります。
そのためにはまず判断基準を作ることが大切です。
また捨てるものがある場所を決めるのも大切です。

例えば、

  • 台所のシンク下の棚
  • 押入れ
  • クローゼットの中

と言う具合に、
捨てるものがある場所を最初に決めてしまいます。

そして、捨てるものと捨てないものを分けていきます。

大掃除で捨てるコツ

では捨てる捨てないの判断基準はどうするのでしょうか?

これは迷ったら捨てる!

に限ります。

例えば洋服を例に挙げると、

  • いつも着ている服
  • まだ着れそうな服
  • イベントなどの時にきる服
  • 全然来ていない服
  • 買ったけど袖を通していない服

上の服で捨てる服は

  • まだ着れそうな服
  • 全然来ていない服
  • 買ったけど袖を通していない服

になります。
買ったけど袖を通していない服などは
もったいないと感じたり、
売っちゃえばいいやと思ったりして
残してしまいがちですが、
実際にはまた来年もそこにあることになります。
すぐに捨ててしまいましょう。

買い物をしているときは、
すべて必要な気がするのですが、
ほとんどのものが必要ないけど購入しているものです。
仮に先ほどの服を捨てても、
生活に困るような事態にはならないでしょう。

むしろ捨てることで生活のスペースが出来て、
より快適な生活を送れるようになります。

また近くにゴミ袋や段ボールを用意しておき、
捨てると決めたらどんどん入れていきましょう。

一度ゴミ袋などに入れてしまえば、
未練もなくなり、すっきりと捨てることが出来ます。

大掃除のコツ

大掃除は決めた場所を一気に片付けてしまうのが一番です。

さきほどものを捨てた場所をついでに
掃除してしまいましょう。

捨てるときに、
押し入れや台所シンクしたの棚のものを
出し入れすることになるので、
出したついでに中をきれいに拭いてしまいましょう!

ただし掃除するのは捨て終わってからをおすすめします。

物を出した段階で掃除してしまうと、
捨てる気力がなくなってしまうことがあります。

まずは捨てる事を優先しましょう!

大掃除であると便利な4つの道具

大掃除であると便利な道具を紹介します!

大掃除便利道具 その1
重曹

もはや大掃除の定番ともいえる重曹。
これ一つでほとんどの場所が掃除出来てしまいます!
ですが、汚れの種類によっては効果が落ちてしまうので、
汚れの種類に合わせて使いましょう!

大掃除便利道具 その2
クエン酸

クエン酸も大掃除の大活躍アイテムの一つですね!
重曹と並んで家においてある家庭も多いのではないでしょうか?
クエン酸は水汚れなどに効果抜群ですね!

大掃除便利道具 その3
バケツ

意外とマンションなどのお家では
おいていないとこもあるのではないでしょうか?
拭き掃除や、小物を運ぶ時など、
活躍の場はたくさんあります。
ない場合はぜひ用意しておきましょう!

大掃除便利道具 その4
メラミンフォーム

激落ち君でおなじみの白いスポンジ
水だけで様々な場所を掃除することが出来ます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大掃除のついでに捨ててしまえば、
家もきれいになって、
部屋のスペースも広くなる一石二鳥です!

捨てるときは迷わずどんどん捨てていきましょう!

今あるものが半分になっても、
生活は意外と変わりません。

いらないものを整理して、
家や部屋のスペースを有効に使いましょう!