ポッキーの日は何記念日?

1515ec41ca0811356ed047eeaabe7e78_s

ポッキーの日と言えば、
11月11日ですね!

11月11日がポッキーの日というのは、
ポッキーの製造会社であるグリコが
作った記念日です。
正確にはポッキー&プリッツの日です。

実際に11月11日は何の日なのでしょうか?

今回は11月11日の記念日を紹介します。


ポッキーの日の記念日

第一次世界大戦停戦記念日

11月11日は歴史的に大きな出来事があった日でした。
それは第一次世界大戦の停戦に調印された日です。

第一次世界大戦は4年間続きました。
ヨーロッパやアメリカ、アジア、日本と
世界中を巻き込んだこの大きな戦争は、
この調印をもって終了したのです。

特に主戦場であったヨーロッパ各国では、
この11月11日は祝日となっているようです。

この後に世界は第二次世界大戦へ進んでいくことになります。
第二次世界大戦の陰になり、
あまり日本ではこの日記念日は知られていないかもしれませんね。

電池の日

11月11日を漢字で書くと、
十一月十一日。
この十一の部分を+-に見立てて
昭和62年(1987年)に
日本電池工業会が制定した日です。

「電池についての正しい知識と理解を広めて、
正しく使ってもらおう」

そんな思いから制定された日です。

現在では日本電池工業会は、
電池工業会と名前を変えています。
電池工業会のHPでは、
正しい電池の使い方や、電池の捨て方など
生活に使う電池の情報が掲載されています。

少し除いてみると生活の役に立つかもしれませんね。

電池工業会
http://www.baj.or.jp/

サッカーの日

スポーツ用品メーカーのミズノの直営店
「エスポートミズノ」が制定した記念日。
なぜサッカーの日かというと、
サッカーは11人対11人で行うスポーツだからなのです。

チーズの日

チーズは古くから製造されている食品の一つです。
時代をさかのぼる事平城京が出来るさらに10年前、
700年(文武天皇4年)の事です。

全国に「酥(そ)」というものを製造するように
命が下されます。

この酥というのが、
現代のチーズに一番近い発酵食品なのです。
この命が下された日を旧暦の10月を新暦の11月に置き換え、
覚えやすいように11月11日として、
日本輸入チーズ普及協会と
チーズ普及協議会が、1992年に制定した日です。

日本でもかなり古くからチーズを作っていたのですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

11月11日にはほかにもたくさんの記念日が制定されています。
一部をさらに紹介すると、
豚まんの日
いただきますの日
麺の日
きりたんぽの日
もやしの日
鮭の日
ピーナッツの日
たくあんの日
配線器具の日
美しいまつ毛の日
下駄の日
靴下の日
鏡の日
ライターの日
などなどまだまだ記念日が制定されています。
ちなみに11月11日の「1111」と並ぶ形にちなんで制定されているものや、
「十一十一」にちなんで制定されているものが多いようです。

気になる記念日はあったでしょうか?
記念日にちなんで11月11日にイベントを起こすのも
面白いかもしれませんね。