プレミアムフライデーはいつから?経済産業省のねらいは?

最近、経済産業省があたらしい取り組みを
発表しました。

その名も「プレミアムフライデー」

プレミアムフライデーというのは、
毎月月末の金曜日をプレミアムな金曜日にしようという
試みです。

今回は実際にプレミアムフライデーがいつからなのかなど、
プレミアムフライデーについてご紹介します。

プレミアムフライデーはいつから?

プレミアムフライデーは来年の2月24日を
スタートとしているようです。

2017年2月24日が最初のプレミアムフライデーになりますね。

実際の制度としては、
このプレミアムフライデーの日は、
仕事を15時までに切り上げて、
街で買い物をするなど、
消費に当ててもらおうというもの。

全国各地で、すべての業種を対象としているようです。

プレミアムフライデーの日は、
街中で広告などを使ってアピールするようです。

経済産業省のねらいは?

経済産業省は、
プレミアムフライデーを作ることで、
消費の底上げをして、
日本のGDPを底上げしようと考えているようです。

しかし、
実際にプレミアムフライデー導入は
企業側にゆだねられているため、
実施されるかは疑問視されています。

また、現場サイドからは

「給料が上がらないのに時間だけ増えても」

「ほかの日の残業が増えるだけ」

などの厳しい意見が多いようですね。

確かにあまりいい制度とは言えない気がしますね。

実際にショップやお店で働く人はまったく無視した制度でしょうし、
金曜日の夕方早く帰るために、
他の日の残業が増えてしまっては、
意味がないような気もします。

日本の労働者人口は、
中小企業の方が圧倒的に多い。

そんな中で、
発注元になりえる経団連企業などが、
早く帰るという事は、
下請けである中小企業にそのしわ寄せがくるでしょう。

そうなると、
一部の人の買い物の為に、
多くの人の残業が増えることになるような気がします。

せっかくなら、
中小企業の人たちが休みをとれるような制度を
考えて欲しいものですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

政府もいろんな政策を出していますが、
今回のプレミアムフライデーは、
いろんなところで愚策と言われていますね。

現状、日本の企業のほとんどが、
有給休暇などを取得できない現状があるにも関わらず、
月末の金曜だけ早く帰るというのは、
あまり意味がない気もしますね。

普段の仕事に負担なく導入できれば、
素晴らしい制度ですが、
まずは賃金アップの方が経済効果は高いですよね。