精製塩の害とは?なぜ精製塩は良くないのか

人間が生きていくために必ず必要なものに
塩があります。

塩は、敵に塩を送ると言われるほど、
人間が生きていくうえで大切なものです。

昔は海水を塩田で乾燥させて、
塩を作っていました。

昭和46年に政府は海の汚染や、
コスト削減を理由に塩田を廃止。

そしてイオン交換膜透析法という
塩の精製方法に切り替えました。

こうして精製塩が生まれました。
精製塩は塩化ナトリウムの純度が99%にもなる
塩というよりは塩化ナトリウムです。

こうした精製塩はなぜ害があるのでしょうか?

精製塩の害

精製塩はイオン交換膜透析法という方法で、
海水から塩化ナトリウムを取り出した塩です。

実際には塩化ナトリウムというのが正しいのかもしれません。

こうして取り出した塩化ナトリウムには、
塩本来が持つミネラル分がほとんどありません。

では、
ミネラル分がない塩を食べるとなぜ
身体によくないのでしょうか?

実は、
塩化ナトリウムなどの成分を分解するためには、
ミネラルが必要になります。

本来であれば、
食品にミネラルが含まれているため、
消化することが可能です。

しかし、
精製された塩や砂糖などには、
ミネラルがありません。

こうなると、
人間は精製塩や砂糖を分解するために、
身体の中にあるミネラルを使う
ことになります。

せっかく食品からミネラルを摂っているのに、
塩や砂糖を消化するためにミネラルを使っていては、
なんの意味もありません。

塩分を摂り過ぎると血圧が上がるというのも、
精製塩を消化するために、
体内のミネラルを消費してしまうので、
こうした体のバランスが崩れる原因になります。

→精製塩と食塩の違いについてはコチラ

天然の塩とはどんなものなのか?

精製塩は人工的に塩化ナトリウムを
取り出した塩だとすると、
天然塩とはどんなものなのでしょうか?

天然塩とは、
精製して塩化ナトリウム濃度が
高すぎない塩と言えます。

現在は様々な塩が販売されているため、
成分表を見ながら判断することになります。

大切なのは塩化ナトリウムとミネラルの
バランスになります。

ミネラルは入っているけど、
塩化ナトリウムが多すぎると
結局はミネラルが不足することになります。

塩化ナトリウムとミネラルのバランスで、
参考になるのは、海水です。

海水は、約3.5%の塩分が含まれいて、
その80%が塩化ナトリウムになります。

つまり、
100gあたり80g程度の塩化ナトリウムで
構成されている塩であれば、
天然塩と言えます。

実際に塩を購入するときに
成分表などが出ていない塩もたくさんあると思います。

正直、
塩を選んで買うのもかなり面倒なのですが、
一度見つけてしまえば、
同じ商品を買うことも出来ます。

また、
スーパーなどで探すのは大変なので、
インターネットで時間があるときに探す方が、
より天然塩を見つけやすくなります。

成分表を比較してみて、
より海水につかい成分バランスのものを
選ぶようにしましょう。

→天然塩と精製塩の見分け方についてはコチラ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

塩は人間にとって必ず必要なものです。

そして、
毎日の料理に使用し、
自然と体内に摂取する食品でもあります。

この塩そのものが害になるというよりは、
精製された塩が体に害を及ぼします。

精製された塩や砂糖は、
体内のミネラルを奪うばかりでなく、
消化に非常に時間がかかります。

そのため、
内臓への負担も大きなものとなってしまいます。

内臓に負担がかかり過ぎると、
眠くなったり、疲れが取れにくくなったり、
最悪の場合、
ガンや肝硬変などを引き起こします。

塩は人間にとって必ず必要なものです。

必要なものだからこそ、
害がある精製塩ではなく、
しっかりとミネラルが残っている
自然塩を摂取するようにしましょう。

→精製塩と食塩の違いについてはコチラ

→天然塩と精製塩の見分け方についてはコチラ