精製塩と食塩の違ってあるの?

私たちの生活に必ず必要になる塩。

実は塩にも種類があるのはご存知でしょうか?

塩は大きく分けると、

精製塩と天然塩に分けることが出来ます。

現在、
日本のほとんどの塩は精製塩になります。

「精製塩と天然塩があるのはわかったけど、
食塩と精製塩は違うの?」

精製塩とか食塩とかいったい何が違うのでしょうか?

今回は精製塩と食塩について
ご紹介します。

 精製塩とは

精製塩とは、
元になる塩を電気などで溶解し、
塩化ナトリウムとして取り出した塩です。

含有量は99.5%以上になります。
別の製法として、
イオン交換膜透析法というものもあります。

こうした人工的に精製された塩を、
主に精製塩と呼んでいます。

こうして作られた塩は、
食卓用のものや、
工業用に使用されるものもあります。

また、
塩化ナトリウム99.5%以上に精製された塩は、
天然のにがり成分などは、
皆無と言ってよいので、
食べると塩っ辛い味の塩になります。

大量かつ安定的に製造できるメリットがあります。

→ 精製塩の害についてはコチラ

 食塩とは?

次に食塩をみていきましょう。

食塩は、
広義の名称です。

食塩は食用塩の略称で、
日本では、
一般消費者に販売される包装した状態の塩のことになります。

食塩ではない塩は

  •  包装されていない塩
  •  塩化ナトリウム含有量が40%未満
  •  液体タイプのもの
  •  食品が混合されているもの・・・ゴマ塩、塩コショウなど
  •  工業用・融雪用・浄水器再生用など

上記以外の塩を、
食塩と呼んでいるようです。

 食塩と精製塩の違い

食塩と精製塩に明確な違いはありません。

正確に言うなら、
食塩の中に精製塩も含まれています

一般的に精製塩と言えば、
人工的に精製された塩とい意味合いが強いですが、
実際に精製塩という明確な定義はありません。

これと同じに、
天然塩としての明確な定義もないようです。

現状では、
にがり成分などを、
後から加えたとしても、
天然塩として販売することが出来ます。

なんだか微妙な話ですよね…

精製塩は製造される過程で、
塩に元々含まれているミネラルを破壊してしまいます。

こうして、
人工的に塩化ナトリウムとなった塩は
身体に良いとは言えません。

『塩を摂り過ぎると血圧が上がる』

というのは、
精製塩を摂取しすぎることで起こります。

精製塩は、
食品の中にミネラルが含まれていないので、
体内に入って消化をするために、
身体は非常に苦労します。

塩化ナトリウム単体では消化出来ないので、
体の中に蓄えられているミネラルを
消費して消化することになります。

生きるために必要なミネラルを、
塩化ナトリウムを分解するために使ってしまっては、
あまり意味がないですよね。

塩は生きる上で必ず必要なものです。

少しでも良い塩を手に入れたいですね。

 まとめ

いかがでしたでしょうか?

天然塩も精製塩も、
食塩の中に含まれてしまうようですね。

食塩というと、
理科の実験などのイメージもあり、
人工的なものの感じもしますね。

もし、
昔ながらの製法で作られている塩を探す場合は、
自身で製法を調査する必要があります。

現在では、
精製塩に天然成分を後から添加しても、
天然塩として販売することが出来ます。

本当の天然塩が欲しい場合は、
しっかりと調べてから購入する必要が
ありそうですね。

→ 精製塩と天然塩の見分け方はコチラ