新そばの季節はいつ?いつの時期が新そばなのか?

230c1bcb920b648f79ac969a3db447a9_s

昔から日本で身近にある食材として
親しまれている蕎麦(そば)

蕎麦屋さんを見るとあっさりとした
蕎麦の触感を味わいたくなりますよね。

そんな蕎麦屋さんの横を通るときにたまに見かける
「新そば打ち始めました」
という看板。

新そばとはいったい何のでしょうか?
蕎麦に新しいものと古いものがあるのでしょうか?

今回は新そばの季節や時期、
新そばについてご紹介します。


新そばとは?

新そばとはいったい何なのでしょうか?
実は新そばは収穫したての蕎麦です。

収穫したてのそばには2種類あり、
夏に収穫されるものと、
秋に収穫されるものがあります。
夏に収穫される新そばを「夏新
秋に収穫される新そばを「秋新」と言うようです。

これは播種といって蕎麦の種まきの時期の違いから生まれます。

日本で栽培されているそばで新そばとして出てくるのは
夏が多いようです。
これは蕎麦の産地の問題で、
夏に収穫される蕎麦は北海道の広大な大地で
数多く生産されているため、
出荷量が多いためです。

一般的には夏の新そばよりも
秋の新そばの方が香りも良く美味しいとされています。

新そばの季節や時期はいつ?

新そばの季節はいつ頃なのでしょうか?
実際に店頭では9月ごろから新そばの案内が出てくると思います。

実は新そばの季節や時期は産地によって違います。

夏の新そばなら、
九州では6月中旬ごろに収穫され
北海道では8月中旬ごろに収穫されます。

また秋の新そばなら、
北海道では9月中旬ごろに収穫され。
九州では11月中旬ごろに収穫されます。

つまり、
夏の新そばなら6月~8月にかけてお店に出てくるものが
夏の新そばになります。

秋の新そばなら9月~11月ごろまでの蕎麦が
秋の新そばになります。

どちらも産地によって違いがあるので、
早く新そばの看板を出している蕎麦屋さんがあったら
産地を訪ねてみるのも面白いかもしれませんね。

秋と夏ではどちらが新そば?

秋の新そばも夏の新そばも
どちらも新そばになります。

昔は冷蔵技術が乏しかったため、
夏の新そばはすぐに劣化して美味しく食べられなかったようです。
そのため新そばでおいしいと言えば秋の新そばになり、
新そばと言えば秋!
というのが、昔の人たちの考え方でした。

しかし現代では冷蔵技術が発達しているので、
夏の新そばでも美味しく食べられます。
秋の新そばと夏の新そばはどちらが美味しいかは、
個人の好みが大きくかかわってくるようになりました。

また新そばと呼べるのは、
年内に収穫された蕎麦は新そばと言えるようです。
現在では冷蔵技術が発達しているので、
6月ごろに収穫された新そばを、
12月ごろに新そばを使った料理を店頭へ出したとしても、
新そば使用!なんていうキャッチフレーズを使うことが出来ます。

ちょっと情緒がなくなってさみしくも感じますね。
まとめ

いかがでしたでしょうか?

新そばは夏から秋にかけて収穫される蕎麦です。

6月中旬から8月中旬までの蕎麦は夏の新そば
9月中旬から11月中旬に収穫されると秋の新そばと言われます。

現代では味は好みですが、
秋の新そばなら季節的にも
熱い蕎麦も冷たい蕎麦も楽しめそうな気がしますね。

どちらも好みがあると思います。
新そばの食べ比べをするのも楽しいかもしれませんね!