ストパーと縮毛矯正の違いってなに?

404993ea48785f5ab181a44a0acb70e9_m

街を歩いていると様々な美容室が看板を掲げています。

その中にストレートパーマと縮毛矯正があります。
ストレートパーマも縮毛矯正も
似たような感じがします。

自分がストレートヘアーにしたいと思ったときは
いったいどちらを選んだらいいのでしょうか?
そこで今回はストパーと縮毛矯正の違いを
ご紹介します。


ストパーと縮毛矯正を知る

ストレートパーマ

ストレートパーマは薬剤を使って髪のくせを伸ばすことを
目的としています。
ストレートパーマはストレートヘアーの人が、
パーマをかけた後に、ストレートに戻すために使われます。

ですので、くせを伸ばす力はそれほど強くありません。
くせが強い髪質の方が、ストパーを当てたのに全然伸びてない!
なんてことがありますが、
もともとくせが強いとそのくせが伸びきらない可能性もあります。

ストパーの使い方

ストレートパーマは、
当てたパーマをもとのストレートに戻すときや、
ボリュームを押せえたり、まっすぐ過ぎない感じに
仕上げたい時などに使います。

まっすぐにする力がそれほど強くないので、
自分のくせ毛を少しゆるくしたい時などには
ストレートパーマがおすすめです。

まっすぐ完全な直毛を考えてストレートパーマを当てると、
がっかりする結果になるかもしれません。

縮毛矯正

縮毛矯正も基本的にはストレートパーマと同じですが、
薬剤を使用するのと同時に、
アイロンの熱を加えることで、
より髪のくせをまっすぐにすることが出来ます。

縮毛矯正の場合、
その名のとおりくせ毛を矯正するので、
一度当てた部分に関しては、
ほぼずっとまっすぐのままです。

ですが、
髪が伸びてくると同じくせ毛が生えてくるので、
気になる方は定期的に当てる必要があります。

縮毛矯正の使い方

縮毛矯正は完全に直毛にしたい方におすすめです
くせ毛やテンパをまっすぐにしたい時などに
効果を発揮します。

薬剤と熱の効果で、
髪にくせを完全にまっすぐに戻してしまします。
しっかりと矯正できていれば、
一度当てた部分はずっとまっすぐになります。

ただ、縮毛矯正も人が行うものなので、
技術力には違いがあります。

ストパーよりもひと手間多いため、
値段も少し高くなります。

縮毛矯正で定評の高いお店で当ててもらうのをおすすめします。

ストパーと縮毛矯正の違い

ストパーと縮毛矯正は根本的には同じですが、
熱を加えるか加えないかの違いがあります。

使用用途も
ストパーはもともとまっすぐな髪質の人向け
縮毛矯正はもともとくせ毛な髪質の人向け
です。

ストレートパーマと聞くと、
凄くまっすぐになるような感じがしますが、
あくまでもパーマの一つです。

直毛の髪質の人にパーマがかかりにくいように、
くせ毛の髪質の人にはストレートパーマはかかりにくいです。

くせ毛の人が直毛にする場合は、
縮毛矯正を行うことをおすすめします。
ストレートパーマの方が安価で行うことができますが、
そもそも髪がまっすぐにならないと、
お金がもったいないだけになってしまいます。
ストパーよりも値段は高めですが、
直毛にしたい場合には縮毛矯正をおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

縮毛矯正もストパーも使用用途を間違えてしまうと、
思った通りの効果や髪型になりません。

ストレートパーマは直毛の人
縮毛矯正はくせ毛の人

向きのパーマであることを覚えておきましょう!