正月事始めはいつ?煤払いや松迎えは?

96b3b6af2aa95a2e3613962a20f2bf95_s

年末が近づいてくると意識してくるのがお正月。

そういえばお正月行事で行われる事始め。

名前は聞いたことがあるけど、
一体いつが事始めなんだろう?

そんな風に考えたことはありませんか?

今回は正月事始めはいつから行うかや、
煤払い、松迎などの時期ご紹介します。

正月事始めはいつから?

正月事始めは、現在のカレンダーで12月13日になります。

事始めは正月を迎える準備を始める日の事です。
元来12月の中旬ごろだったものが、

12月13日は大吉日という事で、
お正月に神様を迎えるのにちょうど良い日として、
12月13日に決まったのです。

ちなみに事始めは江戸時代に徳川幕府が
12月13日に御用納めを行うようになって、
それが庶民にも浸透していったと言われています。

煤払いと松迎

煤払いと松迎も12月13日に行います。

煤払いは、昔の家は囲炉裏があったため、
一年の煤を払い落すという意味で、
煤払いと言われていました。

現在の年末の大掃除はこの煤払いのなごりですね。
実際に12月13日からお正月までは半月ほどなので、
このあたりから大掃除を始めても、
年末はバタバタするかもしれませんね。
松迎えはお正月に飾る門松を採りに行くのですが、
これもまた12月13日。
事始めというイベントごとなので、
中々忙しいですね。

ちなみにお歳暮を12月中旬ごろに送るのは、
昔の名残なのです。

昔、お歳暮はお正月のお供え物でした。
このお供え物を煤払いや松迎が済んだ頃に届くように、
事始めの12月13日ごろに送っていたのです。

まとめ

いかがでしたでしょか?

お正月や年末は一年の中で大きなイベント。
そのイベントの準備を2週間前から行う事始め。

確かにお正月準備となると、
2週間程度は必要になるかもしれませんね。

現在では大掃除が主な行事になっていますが、
事始めついでに、
来年の目標設定なんかも作っておくと、
新しい一年がスムーズに始められるかもしれませんね。

ちなみに事納めという日もあります。

こちらは2月8日

お正月気分も2月8日までという事です。
なんだか長い気もしますね。