手根管症候群とは

最近特に何もしていないのに指先がチクチクと
しびれるような症状はありませんか?

もしそういった症状を感じているなら、
手根管症候群化もしれません。

最初はただのしびれから、
症状がひどくなるとOKサインが作れない
状態になる場合もあります。

今回は、
そんな手根管症候群についてお伝えします。

手根管症候群の症状とは

手根管症候群の症状には特徴があります。

まず指先がしびれるのですが、
初期症状では人差し指と中指がしびれたり、
痛みが出てきます。

もう一つの特徴として、
薬指の中指側半分だけが、
しびれを感じるという特徴があります。

最終的には、
小指以外の指にしびれや痛みが出てきます。

これは正中神経と呼ばれる神経の支配領域になります。

また症状の特徴として、
明け方や夜寝る前に症状が出ることが多いようです。

進行が進むと、
OKサインができにくくなり、
縫物などの細かい作業がしづらくなります。

手根管症候群の原因は?

原因については、不明です。

現在では突発性のものが多く、
妊娠や出産期、
また更年期の女性に症状が多く出ると言われています。

またスポーツや仕事で手を使いすぎたり、
骨折や怪我などによって、
手に損傷を受けた場合にも、
手根管症候群になる場合があります。

手根管症候群はなぜ起こるのか

手根管症候群は、
正中神経が手根管という部位によって圧迫されている状態です。

正中神経が圧迫されている時に、
手首の運動が重なると、
手根管症候群として症状が出てきます。

手根管症候群の詳しい原因については、
現在は不明で、突発性のものが多いようです。

妊娠・出産後の女性や、
更年期などの症状をもった女性に多いのは、
ホルモンバランスの乱れによって、
手がむくむのが原因と考えられています。

手がむくむことによって、
手根管が大きくなり、
正中神経を圧迫するためと考えらえています。

怪我や腱鞘炎などでも
手根管症候群の症状が出るのも、
同じ理由と考えられています。

手根管症候群の治療法

手根管症候群の治療として一般的なものは
手術です。

整形外科で診断を受けて、
薬や湿布などで改善しない場合は、
手術を勧められることが多いでしょう。

どうしても手術をしたくない場合は、
鍼灸で診察を受けてみるのも、
手根管症候群を治療するのに役立ちます。

鍼灸院であれば、
自然に手根管症候群を治療するよう
指導してくれるところもあるようです。

自分でできる手根管症候群の改善

手根管症候群は生活習慣によって
引き起こされることが多いようです。

 パソコンのタイピングを長時間行う
 マウスのクリックを過度に行う

など、
仕事柄仕方がない場合もあるでしょう。

そんなときに、
手根管症候群のしびれを緩和する動きを
ご紹介します。

また、
少しでも手根管症候群を自力で改善したい場合は
以下の動画が参考になるかもしれません。

手根管症候群と肘との関係

手根管症候群と症状が近いものに
肘部管症候群というのがあります。

これは、
肘の内側で神経が圧迫されることによって、
指にしびれを感じる症状が出たり、
親指の付け根付近がやせてきたります。

症状が似ているのは指にしびれを感じるところです。

手根管症候群との違いは、
しびれる指です。

手根管症候群では、
薬指の中指側半分から、
親指にかけてしびれが出ますが、
肘部管症候群では、
薬指の小指側半分から、
小指、手首にかけてしびれが発生します。

原因は、
肘部分での神経の圧迫となり、
手根管症候群とは根本的に
原因が違います。

手根管症候群なら、
掌の下側、手首の上あたりをトントンと叩くと、
指先に痛みが響きます。

肘部管症候群であれば、
肘の内側(ぶつけると痛いところ)辺りを
トントン叩くと、
指先に痛みやしびれが響きます。

手根管症候群は産後なりやすい!?

産後や妊娠中に手根管症候群になる女性は
多くいらっしゃいます。

これは、
妊娠中や産後はホルモンバランスが変化し、
身体がむくみやすい状態になっているため、
手根管を圧迫しやすくなっているためです。

多くの方は産後に症状が改善していくようです。

おおむね、
産後4か月ごろからよくなる場合が多いようです。

産後はとくに赤ちゃんを抱っこしたり、
妊娠中の姿勢の変化などで、
手首を圧迫している場合が多くなります。

産後は無理をせず、
出来るだけリラックスできる時間を
作るようにしましょう。

まとめ

手根管症候群は、
手根管と呼ばれる部位が神経を圧迫することで
起こっています。

治療法としては手術が多いようですが、
生活習慣を改善することでも、
症状が緩和する場合もあるようです。

症状が進行すると、
OKサインが作れないなど、
深刻な症状に発展する場合もあるので、

指先のしびれがひどい
特に夜中明け方にかけてしびれる

などの症状がある場合は、
早めに医師の診察を受けるようにしましょう。