天然塩と精製塩の見分け方!本物の塩とは?

0351bc8bd5117c7632e0c263713ee4d3_s

毎日のお料理や食事、食卓で必ず使う塩。
しょっぱい味の塩ですが、
私たちの体には必ず必要な大切なものです。

あなたは塩を買う時にその違いに
気を付けたことがありますか?

より健康な生活を送るためには
塩はとても大切な要素になります。

そこで今回は、
天然塩と精製塩の見分け方をご紹介します。


天然塩と精製塩

実は塩にはいくつかの種類があります。
大きく分けると、
天然塩と精製塩に分けることが出来ます。

天然塩はその名のとおり、
昔からの製法を使い天然で作った塩になります。

精製塩は人工的に熱処理などを加えて、
塩にして塩になります。

天然塩と精製塩の一番の違いは、
ミネラルになります。
精製する段階で、熱処理を行うため、
精製塩はミネラルが破壊されてしまいます。

せっかくの塩もミネラルがなくなってしまうと、
しょっぱいだけのものになってしまいます。

より健康的に生活するためには、
出来るだけ自然円を選び、
ミネラルを摂るようにしたいですね!

天然塩と精製塩の違い

では天然塩と精製塩の違いはどこで見分けるのでしょうか?

塩のパッケージ裏などに記載されている
製造方法や原料を見ることで、
その違いを見分けることが出来ます。

例えば精製塩の場合は

shsh

このような記載がされています。
この製造方法が、
イオン膜 立釜 乾燥と書かれています。
こうした製法が書かれている塩は精製塩になります。

また別の書き方では、「溶解 立釜 乾燥
と書かれているものも精製塩になります。

では天然塩はどのような表記になっているのでしょうか?
1231547

上記のような表示になっています。
大切なのは天日や平釜などです。
これは海水を天日で乾燥させて、
最後に平釜で煮詰めて作る製法になります。

これは昔ながらの職人さんが作る製法になります。
特に天日と釜のみで作られているような塩は
本当に昔ながらの製法で作っている塩になります。

普通のスーパーなどではなかなか手に入りにくいですが、
より健康的な生活を送るには、
ぜひ手に入れておきたいですね!

本物の塩

精製された塩は、
熱や溶解などの処理を加えるため、
ミネラルのほとんどがなくなってしまいます。
中には後からミネラルだけを加えてある塩もあります。

特に食塩と呼ばれている塩は、
塩化ナトリウム99%以上などの表記があるように、
塩そのものの成分しか入っていないことになります。

これではほとんど栄養価がありません。

宣伝文句や過大広告に惑わされずに、
しっかりと製造方法を確認し、
天然塩を購入するようにしましょう。

→ 精製塩の害についてはコチラ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

昔から塩は貴重なものでした。
敵に塩を送るというように、
塩は生きる上で必ず必要なものです。

しっかりと天然の塩を選んで、
少しでも病気にならないような生活を
送りたいですね!