共働き家庭の年収平均は?30代夫婦でどのくらい?

景気不景気と言っても庶民の実入りは
それほど大きく変わる様子はありません。

特に不満があるわけではない日常の中でも
お隣さんの財布事情が気になったりしますよね。

特に内閣府の発表では、
日本の平均初婚年齢は

男性 30.9歳
女性 29.3歳

と30代が多いことが発表されています。

結婚
出産
家庭

など多くの生活の変化がある30代だからこそ、
お隣さんの財布事情は気になるもの。

そこで今回は
共働き家庭の平均年収30代編をご紹介します。


○30代男女別の平均年収

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、
30代前半の平均年収は

男性 451万円
女性 307万円

というデータがあります。

男女間の平均年収差に関しては、
25~29歳くらいから差が
大きくなり始める傾向がありますが、

男女間で平均年収に100万円以上の格差がつくのは
30代に入ってからです。

また女性の平均年収が最も多い年代は
30~34歳の時期となります。

これが35歳~39歳となると

男性 510万円
女性 299万円

となり、
男性は平均年収が上がっているのに対して、
女性は平均年収が下がっています。

これは初婚の年齢が関係しているものと
思われます。

結婚後も出産まではフルタイムで働きを続ける
女性が多くいる一方で、

出産後は子育てに専念したり、
子育ての負担にならないパートタイムでの仕事に
切り替える女性が多い傾向があるため、
女性の平均年収が下がってしまう傾向があるようです。

やはり男女平等と言っても、
男性が外で働いて、
女性が家庭に入るというスタイルをとる
家庭が多いようですね。

○平均年収から見る共働きのスタイル

フルタイムで共働きをする家庭が少ないことは、
厚生労働省の発表する「国民生活基礎調査」
のデータからも読み取ることが出来ます。

こちらの資料によると、
30代が世帯主の家庭の平均年収は

558万9000円

「民間給与実態統計調査」において、
同年代の男性の平均年収は、
30~34歳 451万円
35~39歳 510万円

男性の平均年収と家庭の平均年収の差を見ると、

30~34歳 107万9000円
35~39歳 48万9000円

というデータが出てきます。

このデータから、
女性が配偶者控除内の金額で
パートタイムに出ている家庭が多いことが
わかります。

これは、
子供が小さいうちは
幼稚園にお迎えに行ったり、
子供が急に熱を出して病院に行ったりと
子育てに手がかかり、
満足に働けないということもあるでしょう。

また、
子供が小さいうちは近くにいてあげたい
母親としての役割を優先したい
と考えている女性が多いのかもしれませんね。

どちらにしても女性は出産後、
身体に大きなダメージがあるため、
すぐには普通に生活できません。

その間子育てをしているうちに、
母性も強くなり、
もっと子供と一緒にいたいと思うのも
自然な事かもしれませんね。

別の見方をすると
日本においては、育児の負担は女性に多く
男性の育児参加はまだまだということが
表れているとも言えますね。

○30代の共働き事情

出産を迎えてから、
フルタイムで働く女性は少ないことが
わかりましたが、
実際に子育てにはどの程度の年収が
必要になるのでしょうか?

「国民生活基礎調査」によると、
子育てをしている世帯年収は

712万9000円

30代世帯主の平均年収は

558万円9000円

40代世帯主の平均年収は

686万9000円

やはり子育てはお金がかかるようですね。

実際には712万円の年収でも、
生活をしていると足りないと感じる家庭が
多くあるようです。

実際に「国民生活基礎調査」でも
子育て世帯の63.6%が

生活が苦しいと感じている

という調査結果が出ています。、

余裕をもって子育てをするには、
かなりの年収が必要になりそうですね。

しかも、
上記のデータは18歳未満の子供がいる家庭が
対象の調査。

大学の進学ともなると、
さらにお金がかかるようですね…

子供が小さいうちは、
男性がフルタイムで働き、
女性がパートタイムでも生活に支障は
出にくいかもしれませんが、
高校、大学と進むにつれて、
両親ともにフルタイムで働きたいとこですね。

実際には働けないという状況も
多いのかもしれませんね。

○まとめ

いかがでしたでしょうか?

30代前半の平均年収は

男性 451万円
女性 307万円

また30代後半になると、
男性は年収が上昇しているのに対して、
女性の年収は下がっている
傾向があるようです。

女性は出産を機に、
フルタイムで働けなくなることが
影響しているようですね。

平均的な年収であっても、
子育てともなるとかなりのお金がかかるようですね。

副業をしたり、
パートタイムで働いたりと、
家計をやりくりするのは
大変なようですね。