月見団子の特徴といえば?

c56c97aa3520f37c214f9ebb912128ca_s

秋が近づいてくると、
お月見のイベントがやってきますね。

中秋の名月などともいわれる十五夜。
十五夜の月を見ながらお団子を食べる。
日本では一般的な風習ですが、
月見団子と普通の団子は何が違うのでしょうか?

今回は月見団子の特徴をご紹介します。

月見団子とは

月見団子はお月見の由来と深く関係しています。

一般的には、
お月見は月への感謝と豊作祈願のために行われたのが
由来とされています。

かつて電気がないころは、
夜の収穫作業をすることが出来ませんでしたが、
月が出ているときは収穫作業を
行うことがで出来ました。

こうした月の明かりに感謝し、
来年の豊作を祈願するために、
お米で作った団子を月に似せて
丸くし、月にお供えしたのが、
月見団子の始まりと言われています。

また日本人は四季を楽しむように
自然を見て感じて楽しむ習慣が数多くあります。

月に関する短歌や和歌もたくさんあるように、
月を眺めて楽しむ習慣もあったようです。

月見団子の特徴

実際に月見団子はほかの団子と違う
特徴があるのでしょうか?

実は普通の団子も月見団子も
違いはありません。

どちらもうるち米などの穀類の粉を丸めて
ゆでたり蒸したりすることで作ることができます。

昔は一般的な団子はゆでて作ることが多かったようですが、
お月見の団子は蒸して作っていたという説があります。
調理方法の違いはあれど、
中身は同じ団子です。

月見団子でよく見かける
ピラミッド状の積み上げ。

実は団子の数に意味があります。

一年の満月の回数は12回なので、
12個(閏年は13個)とする積み方と、
十五夜なので15個積み上げるやり方があります。

どちらも地域などで異なるようです。

また十五夜というのは旧暦にちなんでいます。
旧暦は新月を1日とするので、
満月はいつも15日になります。
なので十五夜といいます。
また地域では13夜の月や
33夜の月にお供えをする地域もあるようです。

丸いだけが月見団子ではない

月見団子は丸いイメージがありますが、
関西地方では丸くない形の月見団子
多くあります。

団子を涙状にしたものや、
棒状の団子にあんこを巻いたものなど、
形は様々です。

また串に刺してお供えする地域もあるようです。

ほかにもドーナッツのような形をした
団子の地域や小豆をまぶした月見団子もあるようです。

地域によって形は様々ですが、
月に感謝しお供えをするという習慣は
全国にあるようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
月見団子といっても特に特徴のない団子。
ですが、月に感謝し、
豊作を祈願するために、
月に備えるという気持ちが重なると、
普通の団子とは違う意味を持ってきます。

月見団子自体には特徴はありませんが、
こうした習慣や風習は大いに特徴的です。

また全国には丸くない特徴的な月見団子も
たくさんあるようです。

お月見で自然を楽しみながら
団子を食べるのも楽しいですが、
今ある自然や当たり前のものに感謝する心も
大切ですね。