指先が痛い!その原因とチクチク、ズキズキの違い!

23f4bc5233dbec78201ab30c4915b7b7_s
朝起きて普通に仕事へいく準備などをしていいたら、
突然指先に痛みが!

何かあったのかと指を見てみても、
傷などはない。
そっと痛みを感じた指を触ってみると、
チクっと棘が刺さったような痛み!

まじまじと見てみても何もない。
いったいこれはどういった症状なのでしょうか?

今回は指先が急に痛くなった時の
原因と、痛みの違いについてご紹介します。


指先のチクチクした痛みについて

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

突然指に棘が刺さっているような痛みが走る症状があります。
これは「手根管症候群」かもしれません。

手根管症候群とは、
手首を通る、正中神経が圧迫され、だんだんと指先を使った
細かい作業ができにくくなる症状です。

主に親指側の指に症状が出やすく、
原因としては手を酷使していたり、
むくみやホルモンのバランスが崩れたりすることで、
発症します

またリウマチが原因で引き起こされることもあります。

初期の状態であればサポーターや手首を固定するなどして
安静にしていれば、自然とよくなっていきます。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

帯状疱疹は水ぼうそうの原因となるウィルス、
水痘(すいとう)・帯状疱疹ウィルスによって
引き起こされる病気です。

最初は右側か左側のどちらか一方に、
チクチクとした痛みが出てきます

指先や皮膚の表面が傷むことが多いようです。

痛みが終わると次第に赤いブツブツが出てきて
本格的に発症します。

水ぼうそうは治ったと思ってもウィルスは
身体の中に隠れて、
復活のチャンスをうかがっています。

そして体の免疫力が低下した時を狙って、
再び発症します。

指先のズキズキした痛みについて

ひょう疽(ひょうそ)

ひょう疽になると、指先がズキズキと痛む可能性があります。
ひょう疽はブドウ球菌や細菌に感染し、
指先が炎症を起こしてしまう症状です。

ささくれなどから指先に細菌が侵入する場合が多いようです。

水仕事が多い場合や、指しゃぶりの癖がある場合などに
感染しやすいようです。

症状が軽度の場合は時間と共に治っていきますが、
症状が重くなってくると、
ズキズキした痛みとともに、
手が腫れてくることもあります

痛風

痛風が起きると指先がズキズキと痛みます

痛風は血中の尿酸値が高くなると発症します。
血中の尿酸値が高い状態が続くと、
尿酸の結晶が関節に付着します。
そうすると症状が出てきます。

痛風が起こると、
ズキズキとした痛みや熱っぽい感じが続きます
時間の経過と共に痛みは引いていきますが、
痛風は風が当たるだけで痛いと言われているくらい、
強烈な痛みや腫れが起こる場合もあります。

指の関節に腫れや急激な痛みがある場合は
すぐに病院で診察を受けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
指先に痛みがでる原因は様々あります。

その痛みや症状によって、
病気や治療法も違ってきます。

頻繁に痛みを感じたり、
我慢できないような痛みが出る場合は、
早めに診察を受けましょう。

指先の痛みと言っても、
重大な疾患につながる可能性もあります。
自身のケアはしっかりと行っていきたいですね!