せいろそばとざるそばの違いは?

339ae726ffe6a44cc35b53c90ba285fd_s

日本人なら誰もが一度は食べるお蕎麦。
大晦日の年越し蕎麦や、
新蕎麦など日本の生活に密着しているものですが、
「ざるそば」「もりそば」「せいろそば」と
種類がありますね。

この「ざるそば」と「せいろそば」の違いご存知でしょうか?

今回は「ざるそば」と「せいろそば」の
違いについてご紹介します。

せいろそばとざるそばの違い

せいろそばとざるそばの違いは、
現代ではほとんど違いはありません。

お店によってはつけ汁を変えている場合もありますが、
現代では海苔がついているかいないかくらいしか、
違いがないことがほとんどです。

ではなぜせいろそばとざるそばの違いが生まれたのでしょうか?

実はこの2つのそばは歴史が違うのです。

せいろそばの歴史

せいろ蕎麦は、
本来はせいろで蒸したアツアツのそばを
提供する商品でした。
時代は江戸時代初期。
その頃はせいろで蒸した暖かい蕎麦がありました。
これがせいろそばと言われるものですが、
現代のせいろ蕎麦は少し違う由来があります。

江戸時代も末期、時代は天保時代。
蕎麦屋は幕府に対して、
蕎麦の値上げを要求しました。

しかし、江戸幕府はこれを却下。
かわりに量を減らしてもいいというお達しを出します。

そこで蕎麦屋は考えました。
いきなり量を減らすとお客さんが怒ってしまうので、
せいろに盛り付けて。
その中にすのこを引いて底上げをしたのです。

こうして現代のせいろそばの形が出来上がりました。

ざるそばの歴史

ざるそばが生まれたのは江戸時代中期、
これまで蕎麦はせいろやさらに盛られていましたが、
江戸の蕎麦屋「伊勢屋」が、
差別化を図るためにそばを竹ざるに盛った
「ざるそば」の提供を始めました。

これが実に評判となり、
ほかの店でも真似をするようになりました。
江戸時代のざるそばとせいろそばは、
本当に器の違いだけだったのです!

しかし時代も進み明治に入ってくると
ざるそばとせいろそばは明確に違いが出てきます。

ざるそばがせいろ蕎麦よりも高価だという位置づけになり、
付け出しもカツオの一番出汁を使い、
みりんも贅沢に使った、
甘く濃厚なつけ汁を出して、
高級なざるそばとしての位置づけになっていきました。

しかし、
大衆の蕎麦屋さんにも「ざる」や「せいろ」というメニューが
登場し始め、
見た目の違いを出すために、
ざるそばに海苔を付けるようになってきました。

すると、
濃厚なつけ汁を海苔が吸ってしまい、
さらに海苔の塩分と合間って、
非常に味が濃い蕎麦になってしまったのです。

そこで、
濃厚つけ汁をやめて、
普通のつけ汁になっていった結果、

せいろそばとざるそばの違いは、
器と海苔の有無だけになってしまったのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

せいろもざるも現代では大した違いはないようです。
ちなみに、
せいろそばは「もりそば」とも言いますね。

現代では呼び名で何かが変わるわけではないようです。
家でざるそばを作るときは、
濃厚つけ汁を作って、
昔の高級ざるそばを楽しんでみるのも
いいかもしれませんね。