夢の国で有名なディズニーランド。行ってみたいだけではなく、中には着ぐるみのバイトや、スタッフとして働きたい!と思うこともあるでしょう。
ディズニーランドの着ぐるみはオーディション形式で決まります。一般的に広く募集しているものではありません。

今回はディズニーランドの着ぐるみバイトの応募方法など、詳しく解説してきます!

ディズニーランドの着ぐるはどうやってなるのか?

ディズニーランドの着ぐるみバイトを始めるためには、まずディズニーリゾートキャスティングセンターへ連絡する必要があります。
このキャスティングセンターは、ディズニー内の職種が決まっていなくて、とにかく働きたい!といった状況でも連絡OKになっています。

その中でも着ぐるみの場合はオーディション形式で選ばれるようです。
大まかな流れとしては、

書類選考
オーディション
1次審査(ダンス審査)
面接

の順で進んでいくようです。
まずは、書類選考を通過しないといけないので、着ぐるみに入りたい場合はまずは応募からになります。
応募の際にはエントリーシートが用意されているので、公式サイトからダウンロードして、必要事項を記入し郵送します。

応募期間は毎年決まっているようなので、応募が終了している場合は、次の応募を待つことになります。
1年に1度なので、応募があるときはとにかくエントリーしてみるのがいいですね!

ディズニーリゾート公式サイト
http://entertainer.olc.co.jp/

ディズニーランドの着ぐる以外のスタッフになるには?

ディズニーランドを含む東京ディズニーリゾートには着ぐるみ以外にもたくさんの仕事があります。
そうした一般的な職業に応募することももちろん可能です。

大まかな流れとしては、

1 事前登録をする
2 個人情報の登録
3 面接希望日の選択
4 面接日時の決定

面接に無事合格すると晴れてディズニーリゾートのスタッフになれます!

まずは事前登録が必要なので、公式サイトから事前登録を済ませてしまいましょう。

ディズニーリゾート公式サイト 事前登録
https://www.castingline.net/disney_register/ptrentry/pcentry/EmailEdit.action?form.actionParameter=init&targetType=pc

事前登録が終わったら、自分のなりたい職種を決めましょう!
職種は決まっていなくても応募できるので、ゆっくり考えましょう。
職種は大きく分けると『接客』、『非接客』、『専門職』に別れています。職種の内容を詳しく見ていきましょう!

ディズニーランドの着ぐるみなどの職種

ディズニーランドで働くスタッフの職種別の仕事内容を見ていきましょう。
職種はかなり多く分類されていて、やりたい職種が見つかったらまずは応募してみましょう。
時期によっては募集していないものもあるようなので、タイミングも大切ですね。
ここでは主な職種をご紹介しておきます。

接客

アトラクションキャスト

アトラクションでゲストを案内する仕事です。
機械の操作やセリフ、屋外での整列誘導なども仕事に含まれています。

タートル・トークなどスタッフが一緒に回ってくれるアトラクションもこのキャストのようですね!
結構セリフを大声で叫んだり、世界に入らないといけなかったりと向き不向きがありそうですね。

インフォーメイションキャスト

こちらはインフォーメイションセンターで、ゲストからのさまざな質問や相談に電話対応するキャストです。
コールセンターのような位置づけですね。

カスト―ディアルキャスト

カスト―ディアルは言ってみれば、パーク内外の清掃員。実際には掃除だけでなく、写真撮影や道案内なども行います。
様々なゲストサービスの機会があり、ステップアップするとカストーディアルアートにチャレンジ出来るようになります。
カストーディアルアートとは、ディズニーリゾート内をキャンパスとして、様々なアートを描くキャストになります。

こんなのを作る人ですね!

ガイドツアーキャスト

ゲストと一緒にパークを回って、東京ディズニーリゾートの魅力などを紹介するキャストです。
こちらは結構長くゲストに触れ合うことになりそうですね。
セリフを話しながら案内する必要や、パーク内のこだわり、関連情報などをしっかり覚える必要があります。

ゲストコントロールキャスト

ショーやパレードの際に、ゲストを鑑賞エリアへ案内するキャストです。
大きな声で案内したり、手拍子や掛け声なども必要になってきます。またゲストから結構話かけられるようですね!

このほかに
〇 ゲストリレーションキャスト
〇 ショーキャスト
〇 セキュリティオフィサー
〇 ナースキャスト
〇 パーキングロットキャスト
〇 フードサービスキャスト
〇 マーチャンダイズキャスト
〇 マーチャンダイズホテルキャスト
〇 ワールドバザールキャスト

などがあります。
ちなみに着ぐるみの中のメインの仕事は当然バイトでは募集していません。
こちらはオーディション形式で決定するので、どうしても着ぐるみに入りたい場合は、応募してみましょう。

東京ディズニーリゾート公式ホームページ
http://entertainer.olc.co.jp/

非接客

カリナリーキャスト

東京ディズニーリゾート内のレストランでの調理などになります。
リゾート内のレストランスタッフの中でも、調理場の担当スタッフですね

クラークキャスト

クラークキャストは言ってみれば事務仕事になります。仕事内容はやはり書類整理などなど。
完全に裏方と言える仕事ですね。

ショーイシューキャスト

ショーの出演者の衣装管理の仕事です。一部のショー出演者の着付けも行うようですね。
また簡単な衣装の修繕もあるようなので、多少は縫物が出来た方がいいかもしれないですね。

このほかにも
〇 ショーサービスキャスト
〇 テラーキャスト
〇 ディストリビューションキャスト
〇 ファイアーキャスト
〇 メンテナンスキャスト

などの職種があるようですね。
非接客のキャストなので、ほとんどゲストに触れ合わない仕事ばかりですね!
裏方が好きな場合はかなり向いている仕事ですね!

専門職

その名の通り専門職です。中には免許を取得していないと出来ない仕事もあるので、自分のスキルに応じて応募しましょう。

ウィッグキャスト

ダンサーなどが身に着けるウィッグを作ったり、ショーの舞台裏でのスタイリングが仕事になります。
こちらは美容師免許がいるようなので、美容師は嫌だけど資格は活かしたい場合はオススメです!

ソムリエキャスト

リゾート内のレストランでのソムリエです。
当然ソムリエ資格が必要になります!

ナースキャスト

パーク内の救護室での看護業務です。ナースキャストの名の通り、正看護師の資格と、病棟での実務経験が必要になります。
病院での勤務は嫌だけど、看護資格を生かしたい場合にはぴったりですね!

ファシリティキャスト

商品ディスプレイや什器製作の仕事になります。
必要な資格は普通自動車免許くらいですが、美術製作の経験やPC操作などが必要な仕事です。

ヘアアンドメイクアップキャスト

ビビディ・バビディ・ブティックで、ゲストの女の子をプリンセスにする仕事です。
メイクをする対象の女の子は3歳~小学校6年生まで。美容師資格が必要になります。

ワークルームキャスト

工業用ミシンでキャラクターコスチュームを制作する仕事です。もちろん修繕もあります。
こちらは服飾系の学校卒業者、縫製の実務経験が2年以上必要になります。

まとめ

ディズニーランドなどの着ぐるみはオーディション形式での募集になります。
そのほかのダンサーなど、ショースタッフもオーディションでの募集になるので、やってみたいと思ったら、まずはエントリーしましょう。

またそのほかのスタッフについても、まずは事前登録なので、登録を済ませるようにしましょう。

夢の国で働きたい人は大勢いるようですね。中でも着ぐるみやダンサーは、意外と狭き門になっているかもしれません。
実際にオーディションに合格した後は、トレーニングを受けてからステージに上がるようです。
募集も年に1度になるので、やってみようと思ったらまずは応募してみましょう!

ディズニーリゾート公式サイト ダンサーオーディション
http://entertainer.olc.co.jp/

ディズニーリゾート公式サイト キャスト事前登録
https://www.castingline.net/disney_register/ptrentry/pcentry/EmailEdit.action?form.actionParameter=init&targetType=pc