子供に絵本の読み聞かせをやりたいって思うのは、やっぱり親心ですよね。
でも、上手に読み聞かせが出来ないってときもありますし、
最初は何となく不安な感じがするときもありますよね。

今回はそんな絵本の読み聞かせのコツをご紹介します!
絵本の読み聞かせのコツは、子供と一緒に絵本を進めていくことが大切!

現在2人の子供を育てている、現役イクメンパパに習った絵本読み聞かせのコツを伝授します!

【秘伝】絵本読み聞かせのコツを伝授!

現役イクメンパパに絵本の読み聞かせのコツを教えてもらいました!
彼は二児のパパで、最初の男の子が産まれて、1歳ごろから絵本の読み聞かせをやっているそうです。

最初は中々上手にできず、子供が途中で飽きてしまったり、興味がない素振りをしていたようですが、
ちょっとしたコツをつかんでからは、集中して聞いてくれるようになったのです!

そんな絵本読み聞かせのコツを教えてもらいました!

まずは子供のペースで読んであげる事

子供が1歳や2歳のころは、特に子供のペースで読んであげることが重要です。

「いやいや、子供のペースで読んでます!」って方もいると思いますが、ほんとに子供のペースで読んでいるでしょうか?

例えば、子供が急にページを飛ばした場合、あなたらどうするでしょうか?
ここでやってしまいがちなのは、飛ばしたページを戻って読んでしまう事です。

実際に1歳や2歳のこでは、ストーリーはほとんど理解出来ていません。
何となく見たいページや、気に入った絵のページを開いている可能性の方が高いのです。

なのでページを飛ばしても、飛ばしたページから読んであげましょう。
そうすることで、絵本を読んでもらうのが楽しい事だと認識出来るようになります。

最初は意外とストレスを感じるかもしれませんが、そこは子供に合わせて読んであげましょう。

感情を一緒に表現してあげる

子供に読み聞かせるときに、ただ読見進めていっても、子供はいまいち楽しめないときがあります。
そんな時は、1ページずつや、見開きごとに、感情を表現してあげると、子供が集中してくれます。

例えば、下の絵本のページを読んでいるとします。

何気ないページですが、感情を表現して子供に伝えてあげます。
一通り読んで、ページをめくる前に一言、

『みんなでガムを食べてて、楽しそうだね』
『ノンタンだけ風船出来てないね。どうしたんだろう?』

など、一言付けてあげます。
こうすることで、子供がより絵本に集中できるようになります。
一言も、出来るだけ感情をこめてあげると、子供も絵本に夢中になるようです。

ページを子供にめくってもらう

絵本を読み聞かせるとに、子供にページをめくってもらうのも大切です。
もちろん、自分でページをめくれるようになってからにはなります。

自分でページをめくらせることで、自分で読んでいる感じになるので、
子供は楽しいみたいです。

ページめくって!とお願いされることもありますが、その時はページをめくってあげましょう!

また、子供にページをめくってもらうと、結構ページを飛ばすことがあります。
その時は、飛ばしたページは無視して、子供がめくったところから読んであげましょう。

何だか上手に読み聞かせが出来ない!そんな不安を解消します。

自分で読んでいると、上手に読み聞かせが出来ていない気がすることもありますよね。
噛んでしまったらどうしようとか、『びゅひゃ~ん』のような擬音ってどう読んむの?など感じるかもしれません。

確かに、しっかりと読み聞かせをしてあげることも大切ですが、一番大切なことは、親子で絵本を読む時間です。
例えば、歯医者さんや病院の待ち時間に、「読んであげるから絵本取っておいで」と声をかけて取りに行かせる。
そして一緒に絵本を読み、ページを子供にめくってもらうなどしながら、待ち時間を親子で共有する時間にする。

こうして、親子で読み聞かせをすることで、子供はとっても喜びます。
絵本の内容も大切ですが、一緒に絵本を読んでいるという感覚の方が、子供は大切にしています。

最初のページを読んで、子供がいきなり最後のページをめくって終わってしまっても、
また新しい絵本を選ばせて、読んであげるようにしましょう。

こうした子供のペースで絵本を読んであげると、親には意外とストレスがかかる場合もあります。
そんなときは、『今は子供と一緒に遊ぶ時間』と考えて、付き合ってあげましょう。

こうして、絵本の読み聞かせをやっていけば、年齢が上がったストーリーが理解できるようになってきたときに、
絵本が好きな子供に育っていきます。

我が家の子供たちも、最初のうちは絵本に集中してない感じもしましたが、
根気よく付き合ってあげることで、今では絵本に集中して、入り込むように読み聞かせを聞いて、喜んだりしています。
まずは、一緒に絵本を読む時間を大切にしましょう!

絵本の読み聞かせにはコレ!イクメンパパのおすすめ絵本

読み効かせにおすすめの絵本を、現役イクメンパパに聞いてきました!
最初は、文字がすくなくて、行動や感情がわかりやすい絵本がおすすめです。

シリーズとしては、ノンタンシリーズが一番おすすめです。。
我が家ではまずはノンタンシリーズから始めました。

ノンタンシリーズは、文字も少なく、ストーリがわかりやすいので、感情を付けてあげるときもスムーズに出来たのでお勧めです。

ノンタンの絵本シリーズはコチラ

最初はいろいろ絵本を買うよりも、病院の待合室や、ちょっとお出かけした際においてある絵本で、
子供が良く選んでくる絵本と同じものを買いました。

同じ物より、違うものを買ってあげたい気持ちもわかりますが、子供は何回でも気に入ったお話を読んでくれと頼んできます。
例えばアンパンマンのDVDなどを無限にリピートしてはいないでしょうか?

子供は気に入ったものは、何回でも、ずっと見ています。
なので、我が家では、お出かけ先でよくもって来る絵本シリーズを、買うようにしました。
もちろん、最初はまったく同じ絵本を買いました。

少しずつ読んであげていると、
『ノンタンシリーズは割と最後まで聞いているな』とか『童話シリーズはあまり集中しないなぁ』など、
子供が好きな絵本の傾向が見えてきます。

その傾向がわかってから、子供の好きそうな絵本を買うと、失敗せずに絵本を買うことが出来ます。

絵本を読み聞かせるときの擬音ってどうしたらいいの?

意外と絵本を読んでいると不思議な擬音が出てくることがあります。
『びひょひょ~ん』とか『どびゅっしゅ~』とか表現しずらい時ってありますよね。

こうしたときは、表現を変えるのも一つの方法です。
例えば、『びひょひょ~ん』の挿絵が、何かが飛び出すような絵だった場合、
擬音を読まずに、『何か飛び出してきたね!びっくりするね!』など感情表現に変換して読んであげるのいいです。

擬音がしっかり読めないからと言って、子供に伝わらないわけではありません。
それに、慣れてくれば、自然と擬音も読めるようになります。

特にお子様が好きな絵本は、何回も読むことになるので、自然と暗記出来てしまう場合もあるでしょう。
こうして、一冊一冊子供と一緒に読んでいけば、自然と読み聞かせも上手になっていきます。

どうしても読みずらい擬音の場合は、感情表現に切り替えて読んであげましょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?

絵本の読み聞かせのコツは、子供のペースで読んであげることが一番大切です。
特に年齢が小さい、1歳2歳のうちは、ページを飛ばしたり、いきなり次の絵本を読んでくれとなったりします。

こうしたときでも、子供に付き合ってあげることが大切です。
しっかりとストーリーが理解できるようになれば、自然と集中して聞くようになってきます。
ここで怒ってしまうと、絵本が楽しくないものになってしまうので、いたずらなどを始めない限りは、根気よく付き合ってあげましょう。

また、絵本を1冊読んだら必ず1冊片づけをさせることで、お片付けの習慣も身に着けることが出来ます。
時間のある時は、まとめてもってきて読んでもいいのですが、出来るだけ1冊ずつの習慣をつけることで、
お片付けもスムーズに出来るようになります。

絵本の読み聞かせの際は、参考にしてみて下さい。