最近、コンビニなどで酒やたばこを購入する際に、年齢確認ボタンを押すことを求められます。
コンビニだけでなく、スーパーのセルフレジなどでもボタンを押すことを求められるようになってきました。

コンビニなどで買い物をしているお客さんを見ていると、結構ボタンを押すことを嫌がってトラブルになっているケースを見かけます。
なぜコンビニで年齢確認ボタンを押すのを嫌がるのでしょうか?
人間の心理的側面から考えてみました!

コンビニの年齢確認を嫌がる理由

なぜコンビニで年齢確認を嫌がるのでしょうか?
年齢確認ボタンを嫌がる人を見ていると、割と年長者の方が多いように感じます。
トラブルの事例を見ていると、年齢確認を嫌がる理由の一つは「俺はどう見ても20歳以上だろうが!!」と言った理由です。

確かに見ている限り確実に20歳以上なので、言い分はわからなくもないですが、そんなに嫌がる理由になりませんよね。
少し別の角度から見てみると、嫌がる人は自分を知ってほしいと思っているのかもしれません。

例えば、毎朝立ち寄っているコンビニで、ある日突然年齢確認ボタンが出来て確認を求められる。
そうすると、以前から通っていたお客さんは、「今までなかったのになぜしなければいけないんだ!」となるのです。

これは、自分は常連客だ!という心理が働いているので、ないがしろにされたような感じがして、怒り出すというわけです。

まぁ実際問題、コンビニ側は義務がるのでボタンを押してもらわないといけないのですが、年齢確認ボタン一つで怒るのもどうかと思います。
この年齢確認ボタンを嫌がる理由は、人それぞれですが、また別の角度から見てみましょう。

年齢確認ボタンを嫌がるのは、過去の対応のせい!?

私も経験がありますが、コンビニの店員さんのすべてが愛想がよいとは限りません。
以前近所にあったコンビニでは、近隣で有名になるほど態度の悪い店員がいました。

酒類の販売などでも、ものすごく不機嫌そうに年齢確認用の身分証の提示を求めていました。
このコンビニで買い物をするのは、ほんとに不快で、1,2回買い物に行ったきり行かなくなるほどです。
まぁ、案の定しばらくしたら閉店していました。

ここで買い物してからしばらくして、年齢確認ボタンが各コンビニに設置されるようになってきました。
しばらくはボタンを見るたびに思い出して、腹立たしい感じがすることもありました。

こうした経験をしている人は、極度に年齢確認を嫌がるでしょう。
私も拒否まではしませんが、しばらくは不快な気持ちになりました。
こんな経験をしているとちょっと嫌がる気持ちもわからなくもないですね。

コンビニの年齢確認は法律で決まっている?

コンビニの年齢確認は法律で決まっているのでしょうか?
もちろん、法律での定めはしっかりとあります。

未成年者喫煙禁止法4条にて、販売者の購入者に対する『年齢確認措置』が定められています。
この年齢確認措置を怠った違反者には50万円以下の罰金が科せられます。

こうした理由からコンビニはしっかりと年齢確認を行う必要があります。

これに対して、見たらわかるだろうが!などと怒りをあらわにするのは、コンビニに怒っても仕方のない事ですよね。

以前に見たトラブルのケースでは、客が年齢確認ボタンが導入されたことに腹を立てて、購入せずに帰っていくのを見かけました。
この人はたばこだけを買いに来ていたようなので、一体何のために来たのかわかりませんよね。

まとめ

コンビニの年齢確認は少し煩わしいですよね。
お金を払う準備をしている時に、「先にボタンを押してもらえますか?」と不機嫌そうに言われると、イラっとするときもあるでしょう。
ですが、お店側は法律に従って行っている行為。
さらに言えば、20歳以上の大人が、自分を大人と証明するボタンを押すだけなので、そんなに怒る理由も本来はないんですよね。

日常の買い物でいちいちストレスを感じていたら、生活が楽しくないものになってしまいますよね。

コンビニの年齢確認が煩わしく感じても、しっかりと行うようにしましょう。